戻る


満員電車で絶対に座れる方法!「それって不正だよ」

「世界でもトップクラスの混雑」といわれる日本の満員電車。

※写真はイメージ

朝夕の通勤時間帯は「立っているのもやっと」というほど混雑することが当たり前になっています。

特に「通勤や通学に時間がかかる」という人にとっては、肉体的にも精神的にもツラい時間。こんなことを考える人も多いのではないでしょうか。

せめて座りたい!!!

しかし、混雑している電車内の座席は、ある意味で奪い合いです。

座っていた誰かが降りるとなれば、多くの人が「我さきに」と座ろうとします。

すると、こういった混雑した電車でも「座りたい!」と思う人は、こう考えます。

「1度終点まで行き、折り返す電車に乗って座ろう」

例えば、横浜駅から西武秩父駅まで電車に乗るとします。東急東横線には地下鉄副都心線、西武池袋線が乗り入れているため、乗り換えなしで移動することができます。

しかし、神奈川県から東京都を通り、埼玉県までの移動時間は、早くても2時間以上と、決して短くありません。

そこで、同じく東急東横線に乗り入れているみなとみらい線に乗車し、一度反対方向への電車に乗ります。約10分ほどで元町・中華街駅へ。西武秩父方面へ行く電車は、ここが始発駅になるため、高確率で座ることができます。

こういった行為を俗に「折り返し乗車」といいます。

※写真はイメージ

「混雑する電車で座るためのちょっとした工夫」と考える人もいますが、実はこれは不正乗車。

横浜駅-元町・中華街駅間の定期券など乗車券を持っていれば問題ありませんが、そうでなければルール違反に当たります。

つまり、「改札を出なければ運賃は発生しない」という考え方は間違いで、「電車に乗ったら運賃は発生する」という考え方が正しいのです。

みなとみらい線を運営する横浜高速鉄道は、ウェブサイトで「不正乗車」について、次のように言及しています。

横浜から渋谷方面へお越しのお客様で、みなとみらい線内で改札を出ず折り返し乗車をする場合は、往復分の有効な乗車券をご購入のうえご乗車ください。

また、みなとみらい線では、お客様に気持ちよくご利用いただけるよう、車内放送やポスターの掲示、係員によるお声掛けなど、定期的に不正乗車防止に取り組んでおります。

横浜高速鉄道 ーより引用

そもそも、この折り返し乗車が「不正乗車」に当たるということを知らなかった人も多く、ネット上にはさまざまなコメントが寄せられました。

えっ?これってダメだったの?いつも当たり前のように折り返し乗車をしてた。終点で降りずに、そのまま座り続けてる人っているよね。正直、迷惑。コッチはちゃんと列に並んでるのに。気持ちは分かるけど、これはダメだね。鉄道会社も、お金を払わない客を乗せて走っても1円の得にもならないからね。

また、こういった「不正乗車」は、みなとみらい線に限らず、さまざまな路線で行われているといいます。

「自分さえ座れれば、それでいい」という考え方ではいけません。当たり前のことですが、ルールをしっかり守る意識が求められています。

[文・構成/grape編集部]

原文リンク

本站帖子來源於互聯網,轉載不代表認可其真實性,亦不代表本站觀點!
關於本站| 官方微博| 私たちの関心網| よくある問題| 意見反饋|copyright 私たちの関心網