戻る


髪の毛が逆立つ原因とは

髪の毛が逆立つ原因とは

写真拡大

髪が逆立つ状態とは

通常髪の毛は重力に従い下に向かって自然に流れますが、髪の毛が逆立つと、髪の毛は根元とは反対方向にピンと直立した状態になります。

くしでとかしたりスタイリング剤を使ったりしても、逆立った毛がなかなか直らなくて困ったことがある人も多いのではないでしょうか。

また髪の毛の逆立ちは、生まれたばかりの赤ちゃんにもよく見られます。

逆立つ原因

赤ちゃんの髪の毛が逆立つのは、まだ髪が細くてハリがないことと、軽すぎて重力に逆らってしまうことが原因と考えられています。

赤ちゃんの場合は、成長するに従ってうぶ毛が生え変わるため、髪の毛の逆立ちも次第に落ち着いていきます。

一方、大人になってから髪の毛が逆立つ原因としては、髪質や静電気、髪の生え変わりなどが考えられます。

日本人の髪質は部分的にくせ毛が混ざっているものの、太い直毛の割合が高いため、ハリが強すぎてピンと立ち上がりやすいのです。

また摩擦などによって髪の毛に静電気が発生すると、髪の毛が逆立ってしまいます。

特に空気が乾燥すると静電気が発生しやすくなりますので、キューティクルが剥がれて髪のダメージにもつながります。

他にも新しい毛が伸びてきて、まだ短い段階の時にピンと逆立ってしまうこともあります。

対策方法

赤ちゃんの場合は特に対策の必要はなく、成長とともに自然と落ち着くのを待つのが一番です。

ただし、枕との摩擦で静電気が起きている場合には、赤ちゃん用のトリートメントを使うなどして髪に潤いを与えてあげるのも良いでしょう。

大人も静電気で髪の毛が逆立っている場合には、トリートメントやヘアオイルで髪を摩擦から保護したり、静電気が発生しにくいブラシなどを使うと効果的です。

新しい髪が生えてきた段階で逆立ってしまうなら、分け目を変えてみたり、ドライヤーで髪を寝かせるようにブローしてみましょう。

完全に改善するのは難しいかもしれませんが、多少は目立たなくすることができます。

これらの対策をしてもなかなか髪の毛の逆立ちがおさまらない場合は、ヘアーバンドや帽子でピンと立った毛を強制的に寝かせると良いでしょう。

原文リンク

本站帖子來源於互聯網,轉載不代表認可其真實性,亦不代表本站觀點!
關於本站| 官方微博| 私たちの関心網| よくある問題| 意見反饋|copyright 私たちの関心網