戻る


「菊川怜」を射止めた女難花婿 隠し子の存在、妻が会社に怒鳴り込みの過去(下)

菊川怜

写真拡大

■隠し子の存在! 妻が会社に怒鳴り込みの過去!!「菊川怜」を射止めた女難花婿(下)

 才媛の誉れ高い菊川怜(39)とIT企業経営者の結婚は、誰もがお祝いしたくなるニュースだ。ところが、先手を打ってマスコミに対し、プライバシー侵害を理由に「取材禁止」を通告してきたのが花婿の元クックパッド社長、穐田誉輝(あきたよしてる)氏(48)=現オウチーノ会長=である。何か都合の悪い事情でもあるのかと調べてみると。

 ***

 千葉県のとある地方都市。穐田氏はこの街の比較的裕福な家庭で、3人兄妹の長男として育っている。

「誉輝くんは親孝行な息子さんでね、親に楽させたいからって実家も彼が建て直してあげたそうです。経営者になった今でも時々ここには帰ってくる。ランボルギーニ・ディアブロって外車をぶっとばして畑の中を走って来るから、すぐに分かるんですよ。その前はポルシェだった」(実家の近所の住人)

 栴檀は双葉より芳し。地元の進学校から青学に進んだ穐田氏は、若い頃からイケメンである。だからよくモテた。

菊川怜

「彼は青学大のラクロス部に所属していたのですが、現役とOBが集まる会では、卒業生の穐田が現れると女子部員が男子を放っておいて、わっと彼を取り囲んだものです。時代の先端をゆくIT企業の経営にタッチしているのだから、格好よく見えるのも分かりますがね」(青学大ラクロス部の同級生)

■びっくりするほどの美人

 そんな穐田氏が最初の結婚をしたのは、十数年前のこと。地元に住む親戚の1人は、当時の様子をよく覚えている。

「私も誉輝くんの結婚式に呼んでもらいましたよ。親戚一同がバスを借り切って披露宴に行ったのです。会場は新宿だったと思う。相手の女性はモデルをやっているとかで、髪が長くてびっくりするほどの美人でした。また、誉輝くんのお父さんは、数年前に亡くなっているのですが、その時も彼女が葬儀のお手伝いにやってきました。元ヤクルトの古田敦也さんも弔問にやってきて、すごい人脈だなと驚いたものです」

 が、その一方で、クックパッドの社内では修羅場が出現していた。

 当時の出来事を記憶している同社の関係者が明かす。

「穐田さんが入社した翌年(08年)の11月のことでした。それまでにも、穐田さんと社内の女性とのことが話題になっていましたが、奥さんが弁護士を連れて会社に乗り込んできたのです。何でも彼女から深刻な相談があったということでした。また、この件ではないかもしれませんが、当時、ある幹部の妹さんでシングルマザーの女性社員がいたのです。仕事もできるしチャーミングな人でしたが、その女性と穐田さんとの関係をめぐって、オーナーの佐野さんが激怒、社長室で大揉めしたこともある。2人が対立したのは、あくまで経営方針の違いからですが、このこともあって、比較的早い時期からうまくいっていなかったのです」

 穐田氏が妻と別れた――地元の縁戚関係者が聞かされたのは、それからほどなくのこと。そして、穐田氏が新しい女性と披露宴を開くのは12年10月のことである。

■生活費は払っているが

 先のクックパッドの関係者が続ける。

「再婚と聞いていましたが、あまり派手にやりたくないということだったので、仕事仲間だけの集まりでした。正式な結婚式といった風ではなく、表参道に用意した会場で、内輪だけのお披露目のパーティーを開いたのです」

 再び地元・千葉の親戚の話。

「新しい女性との間には2人のお子さんが出来たと聞きましたよ。上が男で下が女の子。誉輝くんのお母さんが嬉しそうにスマホで孫の写真を見せてくれたのを覚えています。でも、今回、菊川さんと結婚するということは、その女性とも別れてしまったということですよね……」

 たぶん、そういうことだ。そして穐田氏には、この他にも女性がいたことが、限られた関係者の間で知られている。

「その女性も穐田さんがクックパッドに入ってしばらくしてから付き合った相手です。社員というわけではなく、芸術関係の仕事をやっている女性だと聞いたことがある。2人の間には子供もいる。でも、穐田さんは生活費を払っているものの認知はしていません。もちろん、今は別れていますけど、そのことで相当揉めたそうです」(先のクックパッド関係者)

 とまれ、永遠の伴侶と決めた相手でも、切り出しにくい過去の一つや二つはある。それでも穐田氏は、自身の女性遍歴について菊川に告解し、許しを乞うたのだろうか。本人のフェイスブックに質問を送ると、代理人弁護士からこんな返事が来た。

「お尋ねの件(離婚歴と隠し子のことについて)は、事実と異なります。また、穐田氏が菊川さんに話したかどうかは、お答えできません」

「玉の輿」に乗ったはずの菊川を心配する声もあるが、夫婦円満の第一歩は花婿に「女難の相」があることを良く知っておくことだ。2人の門出に幸多かれと願う本誌(「週刊新潮」)のアドバイスである。

特集「隠し子の存在! 妻が会社に怒鳴り込みの過去!!『菊川怜』を射止めた女難花婿」より

「週刊新潮」2017年5月18日菖蒲月増大号 掲載

原文リンク

本站帖子來源於互聯網,轉載不代表認可其真實性,亦不代表本站觀點!
關於本站| 官方微博| 私たちの関心網| よくある問題| 意見反饋|copyright 私たちの関心網