戻る


横綱の年収を試算、稀勢の里4120万円で白鵬7700万円

横綱昇進で年収も急上昇の稀勢の里(写真・時事通信フォト)

写真拡大

 角界では出世、昇進がそのまま大金に結びつく。まさに「土俵の下にカネが埋まっている」のである──その仕組みを理解すると、力士たちのガチンコ勝負がより一層、面白くなる。

 力士には相撲協会から毎月基本給が支給され、その額は番付によって変わる。初場所で優勝し、横綱昇進を決めた稀勢の里は昇進と同時に月給大幅アップを勝ち取っているのだ。

 公益財団法人である協会の寄附行為施行細則には、番付ごとの月給の数字が記されている。手当を含めたその額は、「横綱282万円」「大関234万7000円」「三役169万3000円」「平幕130万円9000円」「十両103万円」だ。

 幕下以下には場所手当(およそ7万円)や巡業手当が出るのみで基本給はゼロ。だからこそ十両以上が「関取」と呼ばれ、土俵入りや大銀杏を結うことが許される。大関から横綱に昇進したことで、稀勢の里の月給は約50万円アップ。基本給が年収ベースで600万円も上がったのだ。

 さらに、2か月に一度ある本場所のたびに、力士には過去の成績に応じた「力士報奨金」が支払われる。報奨金は勝ち星や優勝回数、金星の数によって細かく規定され、好成績を積み重ねれば、どんどん加算されていく仕組みだ。

 まず、力士には序ノ口デビューに際して「持ち給金3円」が与えられ、そこから“積み立て”がスタート。本場所での勝ち越し1勝につき0.5円が加算され、金星は10円、優勝30円、全勝優勝には50円がプラスされていく。累計された「持ち給金」を4000倍した金額が、本場所ごとに支給される仕組みだ。

「大関だった稀勢の里の初場所時点での持ち給金は235円(4000倍すると94万円)でした。それが14勝1敗の成績で優勝し、横綱に昇進。春場所での持ち給金は271.5円(同108.6万円)に増えた。さらに13勝2敗で連続優勝を果たしたので307円(同122.8万円)まで上昇。通常、力士の報奨金増加は平均で年額4万円程度といわれているのが、2場所で34万円近くアップしたわけです」(担当記者)

 今の持ち給金のまま1年間戦うと仮定して、稀勢の里の月給と報奨金を合わせた年収は約4120万円。初場所を迎えた時点と比べると年収ベースで700万円もアップしたことになるのだ。

 同じ番付でも、報奨金の額で収入に大差がつく。現役力士で最も持ち給金が多いのは白鵬だ。通算最多37回の優勝に加え歴代1位の全勝優勝12回、幕内で51場所連続勝ち越しなどの実績によって持ち給金は史上最高の1799円(それまでの記録は大鵬の1489.5円)に達した。

 この数字に4000を掛けた「719.6万円」が、場所ごと支給されるわけだ。月給と合わせた年収を試算すると7700万円超となる。今年に入ってからの成績では稀勢の里の後塵を拝しているものの、収入面ではまだ大きく水をあけているのだ。ただし、である。

「今場所以降の成績次第では2人の年収が拮抗する可能性もあります。なんといっても今年に入ってからというもの、『懸賞金』が稀勢の里に一極集中しているからです」(同前)

 力士の収入には、月給と報奨金に加え、幕内最高優勝(1000万円)や三賞(殊勲、技能、敢闘各200万円)に与えられる賞金、そして本場所の取組ごとにかかる「懸賞金」がある。

※週刊ポスト2017年5月26日号

原文リンク

本站帖子來源於互聯網,轉載不代表認可其真實性,亦不代表本站觀點!
關於本站| 官方微博| 私たちの関心網| よくある問題| 意見反饋|copyright 私たちの関心網