戻る


「線路内で仁王立ちしていた」踏切で女子高生自殺か 埼玉・春日部

 21日午後0時50分ごろ、埼玉県春日部市粕壁の東武野田線踏切で、同市に住む私立高校2年の女子生徒(16)が、柏発大宮行き上り普通電車にはねられ、全身を強く打って死亡した。

 県警春日部署によると、運転士の男性は「女子生徒が線路内で仁王立ちしていた」と話しており、遺書などはなかったが、同署は自殺の可能性が高いとみて捜査している。

 東武鉄道によると、この事故で上下18本の電車が運休、最大約55分遅延が生じ約5千人に影響した。

原文リンク

本站帖子來源於互聯網,轉載不代表認可其真實性,亦不代表本站觀點!
關於本站| 官方微博| 私たちの関心網| よくある問題| 意見反饋|copyright 私たちの関心網