戻る


関税法違反容疑で韓国人4人逮捕

 福岡県警は21日、福岡空港から現金約7億3500万円を無許可で海外へ持ち出そうとしたとして関税法違反(無許可輸出予備)の疑いで、いずれも韓国籍で住所不詳、職業不詳のイ・ヒョンウ容疑者(34)、ハ・ソンジン容疑者(31)ら男4人を逮捕した。県警は認否を明らかにしていない。

 逮捕容疑は、2人ずつに分かれて20日午後6時ごろと同11時ごろ、福岡空港で税関の許可を受けずに現金約3億7千万円と約3億6500万円の計約7億3500万円を香港に持ち出そうとした疑い。

 県警によると、イ容疑者ら2人が手荷物のケースに現金を入れて持ち込んだところを検査員に見つかり、県警に通報された。ハ容疑者ら2人は出国ロビーにいて警察官が職務質問した。現金はそれぞれスーツケースに隠しており、4人は同じ便で香港に出国予定だったという。

 福岡市中央区天神1丁目の駐車場で20日午後、会社員男性(29)が約3億8400万円を強奪される事件が発生しているが、県警の任意の事情聴取に対して4人は「知人から預かった」と事件への関与を否定している。男性が証言した犯人の特徴と異なる上、所持していた現金とも開きがあり、県警は事件との関連を慎重に調べている。


=2017/04/21付 西日本新聞夕刊=

原文リンク

本站帖子來源於互聯網,轉載不代表認可其真實性,亦不代表本站觀點!
關於本站| 官方微博| 私たちの関心網| よくある問題| 意見反饋|copyright 私たちの関心網