戻る


不倫報道の中川氏、離党届を提出 自民党が受理へ

自民党の中川俊直衆院議員

写真拡大

 不倫報道をめぐり経済産業政務官を辞任した中川俊直衆院議員(46)=広島4区=は21日、自民党に離党届を提出した。二階俊博幹事長ら党幹部が同日朝、所属派閥の細田派を通じて離党を促すことを確認。派閥関係者が調整に当たっていた。国会で経産委員会の審議が取りやめになるなど混乱が続いており、党として同日中に受理する見通しだ。

 二階氏は記者会見で離党について明言しなかったが、「中川氏が顚末(てんまつ)について報告して、釈明があれば釈明するのが当然。この問題について時間を割くつもりはない。こんな話で国会が空白を続けることはあり得ない」と厳しく批判。この日の役員連絡会でも高村正彦副総裁が、この問題を念頭に「政府与党から緩み、たるみ、不届き者が出ないように、一人一人が身を律していくことが大切だ」と訴えた。派閥会長の細田博之総務会長だけは「簡単に離党させていいのか」と異論を唱えたが、他の幹部からは離党不可避の意見が続いたという。

 中川氏は18日に経産政務官を辞任。自身のフェイスブックで「家族がありながら、会社員時代からの知り合いの女性に好意を抱き、その方を深く傷つけてしまった」と説明していた。20日発売の週刊新潮が不倫と関連の疑惑を報じた。

原文リンク

本站帖子來源於互聯網,轉載不代表認可其真實性,亦不代表本站觀點!
關於本站| 官方微博| 私たちの関心網| よくある問題| 意見反饋|copyright 私たちの関心網