戻る


白湯の効果とは?正しい作り方と飲み方で美容と健康効果を体験!

白湯の効果とは?正しい作り方と飲み方で美容と健康効果を体験!

写真拡大

白湯で温活を


1

白湯には体を温める効果があり、それがダイエットや美容と健康の維持などに大きな意味を持っています。季節によっても、その効果は少しずつ違っていることもありますが、おおむね、どのシーズンでも白湯によって得られる健康効果はあるものです。白湯で体を温める「温活」の効果を理解すると、白湯を飲みたくなるかも知れません。

白湯とは、水を温めただけのお湯のことを言います。水を沸かしてお湯にしたら、それをさらに50度〜60度程度まで冷まします。お水さえあれば誰でも作れるものであり、簡単で経済的な健康法と言えるでしょう。
しかし、白湯はアーユルヴェーダというインドに伝わる伝統医学や、東洋医学などでも良いと考えられています。体を温めて、循環をアップさせることでデトックスやカロリーの燃焼に役立ち、便通を改善するなど、健康にも女性の美容にもたくさんの効果があるようです。白湯の体を温める効果には、内臓の機能の向上や血液の循環のアップなどが期待できます。白湯によって温められた内臓は機能を高めて、免疫力もアップします。内臓を温めることによる免疫力のアップは非常に重要で、1度の温度上昇によっておよそ30パーセントもの免疫力アップができると考えられています。

冬の寒い季節には、冷えが気になるものですが、白湯を飲むことによってそれを改善できるかも知れません。白湯は温かく、体温とも近いため、体にも受け入れやすくなっています。沸騰させることで、水道水のカルキや不純物を取り除くこともできるため、安心して飲めそうです。
また、白湯の体を温める効果は冬だけに必要なものではありません。暑い夏や暑さもようやく和らいだ残暑のシーズンにも白湯は良い効果を与えます。人間の体の体温維持機能は季節によって違いがあり、真夏の後の暑さの和らいだシーズンにかけて衰えがちとなります。
寒い季節には、体温維持のために体は一生懸命にエネルギーを燃やしていますが、その期間には体のエネルギーを作る機能が鈍ってしまうのです。この機能は基礎代謝と言います。
基礎代謝は動かない時でも行われている体のエネルギー消費ですが、これが衰えると、ダイエット効果にも影響を与えます。寒いと感じるシーズンだけでなく、いつでも白湯によって体を温める効果は取り入れた方が良いものなのです。簡単で誰でも手軽に始められて、効果が多い白湯。白湯を飲むことで体を内側から温めて、健康の維持を行いましょう。

白湯でデトックス効果を


2

白湯の効果は、体温を上げて代謝をアップするというだけでなく、利尿作用を高めて、老廃物排出を促進します。老廃物を排出するデトックスは栄養を運びやすくしたり、悪いものを肌まで届けてしまうリスクを減らすことで美肌効果も期待できます。また、デトックスをすることで、身体機能の向上にも役立つと言われています。体の中から老廃物などの余分なものを取り除くことで、体は機能を回復させて正常に戻ることができるでしょう。
白湯にデトックス効果があると言われているのは、その温かさによって血液やリンパの流れなどが改善されるためです。血液やリンパが流れやすくなると、余分な水分が体の中に溜まっていた場合にも排出しやすくなります。水分量がアップして、むくみも改善されそうです。
また、内臓の機能も高まっていき、消化も良くなり、老廃物を排出することもできます。適切な量や方法を守って飲む白湯は、肝臓や腎臓の働きも活発にして体の中をキレイにしてくれるでしょう。体の中の老廃物や余分な水分が減っていくと、むくみの解消だけでなく美肌効果も期待できます。体の中の悪いものが排出されると、代謝もアップしてくれますが、それによって肌のターンオーバーも改善されていきます。
基礎代謝のアップと伴って、体の中がキレイになって代謝がアップすることで、ダイエット効果も促進しそうです。ただし、デトックスを行う場合には飲んだ白湯から体に悪い余分な成分を入れないようにすることが必要となります。

ミネラルウォーターであれば、お水を沸かすのも沸騰させれば良いのですが、水道水には、余分な成分が含まれているリスクがあるので注意した方が良さそうです。水道水に含まれているカルキやトリハロメタンなどの成分は沸騰によってそれを取り除いてから冷ますことが必要となります。水道水を使用する場合には沸騰させてからさらに15分くらい火をつけておき、余計な成分を除去してから使用しましょう。
熱い状態からは自然に冷まして、水で薄めるようなことは避けます。白湯を飲んだ時に、苦味を感じるような時は老廃物が体に溜まっているサインかも知れません。反対に、白湯を飲んだ時に甘味を感じるようであれば、デトックスが進んでおり、毒素が体から排出されている良い兆候と考えられます。おいしく感じられるように、継続的に白湯による健康法、美容法を行いましょう。また、白湯を利用する時には正しい方法を用いて、安全に行う必要があります。

白湯の間違った飲み方とリスク


3

白湯は、体を温めて血行を促進したり、内臓の機能や血行を促進することによって、デトックス効果やダイエット効果、美容への効果なども期待できるものです。美容にも健康にも良い働きを持っており、誰でも手軽に出来るため、積極的に利用すると良いでしょう。しかし、積極的にとは言っても、白湯を使った美容法にもリスクはあります。
特にやりすぎによって起こるリスクがあるため、注意をしながらの実践が必要となりそうです。飲みすぎによるリスクとしては、内臓への負担が心配されています。白湯は内臓を温めることができ、血行促進効果もあるため、代謝を高めることができると言われています。しかし、内臓が活発に働くようになることで、リスクや生活にしにくさを引き起こすこともあります。
内臓が活発になると、利尿作用も活発となり、尿の回数が増えて、トイレが近くなるといわれています。また、白湯を飲みすぎることで水分の量が増えてしまうことも問題です。トイレが近くなることで、夜の睡眠が妨げられたり睡眠時間が短くなってしまうかも知れません。白湯の飲みすぎによって、尿の量が増えてくると、腎臓の働きにも不安が出てきます。腎臓は尿を作り出す機能を持っていますが、白湯を飲みすぎることでその負担が増えていきます。

また、さらに白湯を飲むことによって増える水分量がむくみを引き起こしやすくなることもあります。白湯は水分の中でも温かいため、体内に吸収されやすい側面を持っています。そのため、白湯による水分補給はむくみのリスクがより高くなってしまうこともあるようです。白湯の良い効果を安全に得て、腎臓への負担を軽減するためには、適切な量を守ることが必要となります。
白湯を飲むことで得られるのは、体を温めて血行を促進する効果ですが、その分水分の摂取もしていることになります。そのため、寝る前に白湯を飲むことで水分を取ってしまい、尿を作る原因となってトイレが近くなってしまうのです。
そのため、朝に白湯を取り入れることの方が安心かも知れません。昼間に白湯を飲むことも睡眠を阻害しないで利用するアイデアの1つです。また、夜の就寝時の冷えの対策として白湯を用いたいという場合には、白湯を少量に抑えて、取り入れることも良いでしょう。白湯による健康法は安価で手軽ではありますが、白湯を美容効果や健康維持に取り入れる際には、逆効果とならないように注意すべき点があることを忘れてはいけません。

正しい白湯の飲み方とは


4

白湯を利用して健康や美容の維持、アップを目指すのであれば、飲むタイミングや白湯の作り方、飲み方などが大切になります。より高い効果をより安全に得るために、正しい方法を理解しておきましょう。
アーユルヴェーダによる白湯の作り方の基本は、火でお水を沸騰させて冷ますことです。電気ポットや電子レンジなどの電化製品ではなく、ガスの火を使うことで白湯に火のエネルギーを注入されると良いと言われているので、やかんを使って沸騰させることを基本としましょう。沸騰させたら、やかんのフタを開けて風のエネルギーを取り入れます。その間も火はつけたままです。火を止めたら、カップなどにお湯を移して冷めるのを待ちましょう。白湯の温度は50度〜60度程度として、体を温められるようにします。
白湯の飲み方に、厳格な決まりはありませんが、基本的には飲みすぎには注意が必要なので1日800ミリリットルとします。たくさん飲みすぎると、内臓の負担につながり、体に必要な栄養素まで流してしまう恐れがあります。デトックス効果が高いため、飲みすぎにも注意が必要です。
朝と晩、毎食後、寝る前などが良いタイミングです。朝起きたばかりに飲むことでは、体を目覚める効果が期待できます。冷えた胃腸が温まって、消化が活発となります。また、就寝時に飲むと就寝中のエネルギー消費を促進させることができるでしょう。白湯は適温まで冷まして飲みますが、ゴクゴクと飲み干すものではありません。ゴクゴクと一気に飲んでしまうと、効果が弱くなってしまうので、ゆっくりと時間をかけて飲むようにします。少しずつゆっくりと飲むことで、体をじっくりと温めて白湯の効果を引き出しましょう。
飲むタイミングには決まりはありませんが、朝と晩には高いダイエット効果が期待できるため、白湯ダイエットを試みている場合にはぜひ実践してみたいものです。朝の白湯は、胃腸を活発にし、基礎代謝を促進して一日の代謝をアップさせることが期待できます。また、食事中に1杯ずつ、飲んでみても良いでしょう。ゆっくりと飲んで、味わいを確かめて、デトックスの効果がいかほどかを判断してみましょう。
白湯を作るためには、ミネラルウォーターでも良いですが、水道水でも利用できます。水道水とお湯を沸かすために必要なガスとやかん程度でできるものです。手軽に行えて、お金もかからない方法でありながらも、健康にも美容にも高い効果が期待できます。今日からでもできるものとして積極的に温活に利用したいものです。

さらに効果的なアレンジ白湯の作り方


5

白湯の飲み方は、基本となるお水を沸騰させて、冷ます、というだけでなく、さまざまなアレンジもあります。アレンジを行うことで、白湯による効果はもとより、おいしく楽しい健康法や美容法として楽しむことも出来そうです。
アレンジの方法としては、白湯との相性の良い素材を取り入れて、相乗効果を与えるものが良いでしょう。同じくデトックスなどの美容効果を狙ったドリンク類は日本国内外でも見られますが、白湯を使ったやり方はやはり手軽で毎日の生活の中にも取り入れやすいものばがりです。ムリせずにおいしい方法で、冷え性の予防やダイエット効果、美容効果などを手に入れましょう。
レモン白湯は、大人ニキビなどの美容のトラブルに悩んでいる人に適しています。レモンの成分が美容に良い効果を与えてくれそうですし、その酸味がさっぱりと気持ちの良い朝を演出してくれそうです。フルーツを使ったドリンクとして有名なものには、デトックス・ウォーターやスムージーなどさまざまな健康や美容に良いとされているものがありますが、白湯を使ったこのドリンクは費用も手間もかかりません。
レモン白湯はレモン汁を白湯の中に10滴程度入れるだけで出来上がります。デトックス・ウォーターでは寝かせる時間なども必要となりますが、レモン白湯にはそれもありません。肌トラブル以外にも、白湯の基本としてダイエット効果やデトックスなども期待できます。白湯にはレモン以外にも加えると楽しく、健康効果が高くなるものがあります。
胡椒 やコリアンダー、クミン、生姜などのスパイスを加えただけのスパイス白湯もおすすめです。粉末スパイスを加えるだけであれば手間もありませんし、スープを飲んだかのように満腹中枢が刺激されて食欲も抑えられます。スパイス白湯を試すなら、朝起きた時やランチの1時間程度前、就寝時などの取り入れましょう。スパイス白湯はあまりたくさん取るのも良くないので、普通の白湯と同じように取るタイミングを考えましょう。
また、白湯にココアを加えたり、生姜とはちみつを加えたものなども人気です。おいしさとそれぞれの素材の美容や健康効果をプラスすることが出来て、楽しく健康や美容効果を得られるでしょう。ココアは無糖を利用して大さじ1杯程度をカップ一杯に入れます。はちみつは小さじ1杯程度、生姜はすりおろしであれば小さじ1杯、チューブの生姜で手軽に仕上げたいなら1杯半程度を目安としましょう。

原文リンク

本站帖子來源於互聯網,轉載不代表認可其真實性,亦不代表本站觀點!
關於本站| 官方微博| 私たちの関心網| よくある問題| 意見反饋|copyright 私たちの関心網