戻る


テレ朝・久保田アナだけじゃない? 35歳カラコン論争の行方

 4月からスタートしたテレビ朝日「マツコ&有吉 かりそめ天国」。19日の放送で、進行役を務める久保田直子アナウンサー(35)が黒目を大きく見せるカラーコンタクトレンズを着用していることが明らかになり、視聴者の間で議論が巻き起こっている。

 番組中、マツコが久保田アナのカラコンに気づくと、「もう歳なんだからやめた方がいいよ」とピシャリ。久保田アナが「黒目が小さくてこれを取ると別人になるんです」「裸は見せられても、コンタクトを取った姿は見せられない」と訴えると、有吉と一緒に「30歳を超えてカラコン入れてるオバサンのアナウンサーっている?」「あなたに目のクリクリさは誰も求めていない」と集中砲火を浴びせた。

 このカラコン問題、今どきの女性にとっては身近なアイテムだけに、ツイッターではちょっとした論争に。

<大きな目が特徴だったのにフェイクなのか><黒目デカくしたい女性の気持ちが分からん>というコメントがある一方、<35歳の女子アナがマツコと有吉にカラコン咎められてるの心が痛い>とつぶやいた女性も。<マツコさんだって今ここでつけま(つげ)外せって言われたらブチ切れるだろうに>と反発する声も上がった。

 久保田アナは慌てて「結構みんな入れてます!」と主張していたが、実際、日常的にカラコンを着用していると見られている女子アナは少なくない。

 同じテレ朝でも、竹内由恵(31)、田中萌(25)、島本真衣(33)、フジテレビでは生野陽子(32)、三田友梨佳(29)、皆藤愛子(33)、引退した山岸舞彩(30)など多くの女子アナの名前がネット上で取り沙汰されており、今や「アラサーのカラコン」は有吉やマツコが考えるほど珍しいことではないようだ。

「とりわけ、女子アナは番組の雰囲気に合った立ち居振る舞いが高度に求められる職業です。バラエティー番組では柔らかい印象に見せるタイプのカラコン、真面目なニュースや報道番組にはカラコンなしで臨むなど、アイメークと同様、TPOに合わせて使い分けてもいいのではないでしょうか」(芸能ライター)

 久保田アナに続き、カラコンをカミングアウトする女子アナも増えるかもしれない。

原文リンク

本站帖子來源於互聯網,轉載不代表認可其真實性,亦不代表本站觀點!
關於本站| 官方微博| 私たちの関心網| よくある問題| 意見反饋|copyright 私たちの関心網