戻る


大勢の中でも“相手の記憶に残る”社交術

大勢の中でも“相手の記憶に残る”社交術

写真拡大

社内の新年会や大人数の立食パーティーは、ふだん縁のない人と親しくなる絶好の場だ。ほかの人と同じ格好をしていては埋もれてしまう。ドレスコードさえ守れば、少し演出感のある服装もOKだとイメージコンサルタントの中井信之氏は言う。

「ビジネスユースと異なって、スーツはシルクが入って光沢感のあるもの、シャツは襟がワイドスプレッドのエレガントなものもいいでしょう。ネクタイはドット模様など鮮やかなものを締めます。ただし、模様が大きすぎると子どもっぽく見えてしまうので注意」

ポケットチーフやカフスボタンなど、印象的なワンポイントをあしらってみてもいいだろう。女性はブローチで演出する手もある。

「パーティーでは、左手にグラスを持って、右手は握手のためにあけておくのがマナーです。食べ物を持っている場合も、話をするときは一度テーブルに置きましょう。握手をするのですから、ガサガサした手はいただけません。クリームなどを塗って、ケアしておきましょう」(中井氏)

マナーの基本を押さえたうえで、より好人物に見える方法は、大きなアクションで相手を迎え入れる姿勢や、快活な笑顔や明るい声で話すといった、その場を盛り上げるような働きかけだ。

仲間内だけで集まってしまうとか、一人だけ椅子に座ってしまうといった振る舞いは避けたい。

「せっかく、さまざまな方と知り合える機会なのに、ほかの方が接触しにくい雰囲気になってしまいます。一人でいると主催者に『私の開いたパーティーがつまらないのかな』と思わせてしまいます」(日本バトラー&コンシェルジュ代表取締役社長 新井直之)

やはり、初めて顔を合わせる人と会話を楽しむ気持ちが大切だ。

積極的に自分の部下や同僚を人に紹介するのも、好感が持たれる。部下や同僚からの信頼も増すし、紹介した相手からも懐の深い人だと感心されることだろう。

逆に、自分のネットワークづくりの場だとばかりに人に近づくのは無粋に思われてしまう。とくに誰か一人を拘束し、ずっと話しこむのは、相手がいろいろな人と出会うことを妨げてしまうので、大変迷惑になる。

「また、一人で立っているときも、誰かと話しているときも腕組みはダメです。相手は拒否されていると感じてしまいます」(新井氏)

さらに、こうしたパーティーで意外と難しいのが切り上げのタイミングだ。新井氏は「早すぎてもいけないし、ダラダラ最後まで残るのもよくない」と言う。

「基本は中締めで、パーティーの主催者か主賓が挨拶するところまでいるのがマナーです。それまでに帰るときは『この後、どうしても避けられない用事がありますので』と断って会場をあとにします。黙っていなくなるのは感じが悪いですね」

中締めの時間を頭に入れておけば、スマートな退場が可能だろう。

【場にふさわしい演出ルール】

▼服装
[GOOD]
・光沢感のあるスーツにワイドカラーのシャツ
・鮮やかな色のネクタイ

[NG]
・黒や赤などのカラーシャツ
・豪華すぎる時計

▼マナー
[GOOD]
・相手に人を紹介したり、ほかの人を輪に誘う
・何かしら相手を褒める

[NG]
・食べ物を持ったまま話す
・最後まで居残る

▼姿勢・表情
[GOOD]
・大きなアクションや明るい声で相手を歓迎する
・握手する手は事前にケアしておく

[NG]
・腕組みをする
・無表情で話に反応しない

■大富豪が教える! 立食パーティー社交術
日本バトラー&コンシェルジュ 新井直之

大富豪は誰よりも早く会場に到着し、はじまるまでの間、主催の方たちとゆっくりと会話して関係を深めます。

開宴後の話の運びも上手です。名刺交換をしながら「素敵なお名前ですね」「会社のロゴがいいですね」と褒めつつ、ソフトな話題から入ります。

お相手が衣料メーカーの社長なら「センスのいい服をおつくりですね。私も愛用していますよ」、銀行の頭取なら「○○支店長さんにはよくしてもらっていますよ」と、接点を見つけながら話題を広げていくのです。

大富豪は“ポールポジション”を取るのも上手。会場の一番前にある円卓には、主催者やキーパーソンが集まります。そこで頃合いを見て、もっと話したい人を「あそこが空いているので行きましょう」と誘い、連れ出すテクニックもお持ちです。

----------

ポージングディレクター 中井信之
劇団退団後、モデルに転身。国際イメージコンサルタントの資格も持つ。表情、話し方、動作で個性を活かす技術を指導。

原文リンク

本站帖子來源於互聯網,轉載不代表認可其真實性,亦不代表本站觀點!
關於本站| 官方微博| 私たちの関心網| よくある問題| 意見反饋|copyright 私たちの関心網