戻る


ケルン大迫の衝撃的シュートミスが不名誉な選出 ブンデス公式「今季最大の珍プレー」候補に…

ケルン大迫の衝撃的シュートミスが不名誉な選出 ブンデス公式「今季最大の珍プレー」候補に…

写真拡大

アウクスブルク戦の前半に犯した屈辱的なミス

 ケルンの日本代表FW大迫勇也は今季6得点7アシストの活躍で、FWアントニー・モデストとの2トップはブンデスリーガ屈指の破壊力を誇っている。

 だが、15日のアウクスブルク戦(1-2)で衝撃的なシュートミスを犯し、ブンデスリーガ公式サイトから「今季最大の珍プレー」にノミネートされる不名誉な事態に陥っている。

 大迫は先月23日に、日本代表の一員として臨んだワールドカップ・アジア最終予選の敵地UAE戦(2-0)で、相手DFとの競り合いにより左膝の裏を負傷。関節包の損傷で離脱していたが、アウクスブルク戦で先発復帰を果たした。

 だが、この試合での衝撃的なシュートミスが話題となっている。ブンデスリーガ公式YouTubeチャンネルでは、「大迫の今季最大のミス」と動画で紹介している。

 その場面は0-1で迎えた前半7分のことだった。右サイドを駆け上がったDFルーカス・クリュンターが、中央からのボールを巧みな胸トラップで受けてマーカーをかわして相手最終ラインの裏へ抜け出す。そして両手を広げてゴール前に走り込んだ大迫に、グラウンダーのクロスを供給した。

 相手GKもクランターとの距離を詰めたため、大迫は完全にフリーに。「大迫が中央に走り込んだ!!」とアナウンサーも絶叫したが、ゴール前1メートルの距離で右足を合わせにいくも、よもやのシュートミス。ボールがポストの左脇を抜けると、同僚は全員頭を抱えて天を仰いだ。

アナウンサーも「なんてミスだ」

 ピッチに尻餅をついた大迫に、クリュンターが歩み寄ると、大迫も両手を広げてクロスのクオリティーに苦言を呈する素振りを見せた。

「この日本人は、後でテレビで見返したいと思わないでしょう。親愛なる、大迫。なんてミスだ。彼はこれを沈めるべきだった」

 アナウンサーは無人のゴールへの1メートルのシュートミスを一刀両断していた。今季の活躍によりドイツで一気に知名度を高めたハリルジャパンの1トップだが、珍プレー候補の有力候補に名乗りを挙げてしまった。

【了】

フットボールゾーンウェブ編集部●文 text by Football ZONE web

ゲッティイメージズ●写真 photo by Getty Images

原文リンク

本站帖子來源於互聯網,轉載不代表認可其真實性,亦不代表本站觀點!
關於本站| 官方微博| 私たちの関心網| よくある問題| 意見反饋|copyright 私たちの関心網