戻る


中国人消費者が中国車を購入するのは愛国心から? それとも・・・=中国報道

世界最大の自動車市場である中国には世界各国のメーカーが進出しており、中国の街中では実にさまざまなブランドの車を見かけることができる。これだけブランドが多いと、消費者にとっては選択肢が多すぎて迷ってしまうのではないかと心配になってしまいそうだ。(イメージ写真提供:123RF)

写真拡大

 世界最大の自動車市場である中国には世界各国のメーカーが進出しており、中国の街中では実にさまざまなブランドの車を見かけることができる。これだけブランドが多いと、消費者にとっては選択肢が多すぎて迷ってしまうのではないかと心配になってしまいそうだ。

 中国車の品質は合弁メーカーに比べ、まだ低いのが現状だが、中国車も一定のシェアを獲得できている。では、一部の中国人消費者はどのような目線で中国車を選び、購入しているのだろうか。中国メディアの今日頭条はこのほど、「中国人消費者が中国車を購入するのは愛国心からか」と題する記事を掲載し、中国車の魅力について考察している。

 まず、記事は中国車の定義として「中国メーカーが中国国内で生産した車」であるとする一方、経済のグローバル化が進んだ今日において、すべて中国国産の部品で作られている車はないと指摘。例えば、ドイツ系の車であっても日系メーカーのトランスミッションを搭載しているとしたほか、中国車の多くは三菱製のエンジンを搭載していると紹介し、中国車と言えども「部品まですべて中国産という車は存在しない」ことを指摘した。

 では、なぜ一部の中国人は中国車を購入するのだろうか。記事は、「すべての中国人は祖国と郷土を愛しているが、消費と愛国心は別」であると指摘する一方、それでも多くの中国人が中国車を選ぶ理由は「コストパフォーマンス」だと指摘し、「合弁車と同水準のスペックの車を比較した場合、中国車は半額ほどで手に入る」と伝えた。

 また、近年は中国車の品質も随分向上しており、「すでに中国車は安かろう悪かろうの代名詞ではなくなっており、中国車を支持しない理由は減ってきているのだ」と強調した。消費者としては、安くても質の良いものを手に入れたいものだ。中国車は合弁車に比べて安いのは事実だ。そこに「質」が加わってくれば、日系メーカーを含めた合弁車にとって非常に手ごわい存在となってくることは間違いないだろう。そこに、愛国心の強い中国人消費者も加わってくればなおさらである。(編集担当:村山健二)(イメージ写真提供:123RF)

原文リンク

本站帖子來源於互聯網,轉載不代表認可其真實性,亦不代表本站觀點!
關於本站| 官方微博| 私たちの関心網| よくある問題| 意見反饋|copyright 私たちの関心網