戻る


宇治原史規 宿敵カズレーザーについて裏で吐いていた弱音「勝てないかも」

宇治原史規(ロザン)

写真拡大

20日放送の「Qさま!!」(テレビ朝日系)で、ロザンの宇治原史規がクビを回避。さまぁ〜ずの三村マサカズに影で愚痴っていたことを暴露された。

番組では「ペナントレース最終決戦 宇治原はクビになるのか!? SP」と題して、京都大学卒の頭脳を生かし、番組で頭角を現していた宇治原が「カズレーザーに負けたら引退する」と宣言した今期ペナントレース最終戦を放送した。

スタジオでは「『スゴイ建造物』学力王No.1決定戦」のブロック予選、随所で公約のプレッシャーに宇治原の表情がこわばる中、メイプル超合金・カズレーザーを始め出演者らは、宇治原の引退ピンチをイジり続けた。準決勝まで勝ち上った宇治原だったが、決勝進出ならず4位止まり。一方、カズレーザーも不調で7位で終わることに。

宇治原が準決勝までの反省の弁を述べると、司会の三村が「飲み屋でこぼしてたじゃん。『もうオレ、勝てないかもしれない…』って」と、宇治原が抱えていたカズレーザーへの焦りを暴露し、スタジオがざわついた。カズレーザーが「ええ!? そんなこと言ってたんですか?」と、驚くと、宇治原はばつが悪そうに「やめてください、それ! そんな簡単に言うんだったらもう、(酒の誘いを)断りますよ? 僕!」と、ケツをまくった。

決勝では、優勝は東大卒のインテリヤンキー、なんぶ桜・澤山裕仁が優勝。ペナントレースの合計点では、東大卒のフリーアナウンサー、天明麻衣子が優勝した。

そして、気になる宇治原の去就が発表される。ペナントレースの合計得点では、カズレーザーが257点で4位、宇治原は306点の3位と、僅差での残留決定となったのだ。宇治原への拍手で湧く中、アンタッチャブルの山崎弘也が来年のペナントレースの公約を「金髪に負けたら引退っていうのはどう?」と提案。澤山やカズレーザーら、金髪の芸人が笑う中、宇治原は「どうせ来シーズン、途中でもうひとりぐらい金髪来ますよ!」とツッコみ、スタジオは笑いに包まれていた。

【関連記事】
・ロザン・宇治原史規に母校の現役生が辛辣意見「京大を振りかざしている」
・京大芸人の宇治原史規 秀才のために塾で受けていた好待遇
・カズレーザーが「Qさま」で大活躍 京大卒芸人・宇治原史規にも競り勝つ

原文リンク

本站帖子來源於互聯網,轉載不代表認可其真實性,亦不代表本站觀點!
關於本站| 官方微博| 私たちの関心網| よくある問題| 意見反饋|copyright 私たちの関心網