戻る


侍Jコーチに観客なぜブーイング? 米の暗黙ルールとは

打撃練習をする筒香(右)ら=諫山卓弥撮影

写真拡大

 野球の国・地域別対抗戦、第4回ワールド・ベースボール・クラシック(WBC)で4強に進出した日本は、21日(日本時間22日)の準決勝に向けて米国で練習を続けている。順調に調整を進めるなか、思わぬ、米国との文化の違いに戸惑う場面もある。

 19日に米アリゾナ州・グレンデールで行われた日本代表―ドジャースの練習試合。二回の日本の攻撃中だった。鈴木誠也(広)がフルスイングで空振りすると、両手から離れたバットが宙を舞って三塁側の内野席に飛び込んだ。

 若い男性がそのバットをつかむと、観客は拍手喝采。だが、すぐに日本代表の大西崇之三塁コーチが客席へ歩み寄り、当たり前のように返却を求めた。バットが同コーチへ渡ると、大ブーイングだ。「ブーブー」。内野席全体に不満の声が広がった。

 大リーグでは、客席へ入ったバットはそのままプレゼントされるのが暗黙のルール。しかし、同コーチは知らなかった。「誰にブーイングしてんねん?と思ったら俺やんけ」。結局、取り返したバットは試合中にその男性にプレゼントされ、今度は客席から歓声が上がった。

 七回にも、珍しいシーンが。この回の日本の守り。捕手から一塁へ回った炭谷銀仁朗(西)は、そのまま捕手ミットをはめて守備に就いた。日本でも珍しい光景だが、一塁手用のミットを持っていないため仕方なかった。2死後、二ゴロの際の送球を無難に捕球してベンチへ戻ろうとすると、一塁審判から呼び止められ、球場は一瞬騒然となった。「怒られるんかな」。炭谷は覚悟したが、こう言われたという。「長く審判をやってきたけど、捕手ミットで一塁を守る選手なんて初めて見た。君はすごい。信じられないよ」

 日本と違う雰囲気を随所に感じながら、選手らは準決勝に向け調整を続けている。(山口裕起)

原文リンク

本站帖子來源於互聯網,轉載不代表認可其真實性,亦不代表本站觀點!
關於本站| 官方微博| 私たちの関心網| よくある問題| 意見反饋|copyright 私たちの関心網