戻る


小倉智昭氏、慎太郎氏の「ひらがなさえ忘れた」発言に驚き「作家の仕事できないってことですか」

小倉智昭氏

写真拡大

 21日放送のフジテレビ系「とくダネ!」(月〜金曜・前8時)では、20日に行われた豊洲市場の移転問題を検証する都議会の調査特別委員会(百条委員会)での石原慎太郎元都知事(84)の証人喚問を特集した。

 小倉智昭キャスター(69)は喚問の冒頭で石原氏が発した「2年前の脳梗塞の後遺症で全ての字を忘れた。ひらがなさえも忘れました」という発言について、「職業は作家と言って、病気のせいで文字を忘れてしまったと。驚きましたけどね」とポツリ。

 「作家の仕事できないってことですかね」と疑問を呈した上で「予想通りの『記憶にない』連発でしたもんね」と続けた。

 また、小池百合子都知事(64)が、この日の石原氏の「小池氏の豊洲移転を決断しない不作為の責任が問われるべき」という発言を受け、「重く受け止める」とコメントしたことについて、小倉氏は「どうとでも判断できる言葉ですね。決断はいつになるんでしょうか。都議選が終わるまで待つのでしょうか。小池さんの使命は東京五輪を成功させることで、豊洲も早く片付けないといけないと思うんですけど」と、小池知事の姿勢にも疑問を呈していた。

原文リンク

本站帖子來源於互聯網,轉載不代表認可其真實性,亦不代表本站觀點!
關於本站| 官方微博| 私たちの関心網| よくある問題| 意見反饋|copyright 私たちの関心網