戻る


試合出場がない川島永嗣が大切な試合に必要な理由

(撮影:岸本勉/PICSPORT)

写真拡大

20日、西川周作がアル・アインに到着し、代表のGKは3人が揃った。ただし、この日の西川は別メニュー。川島永嗣と林彰洋が通常のトレーニングに励んだ。キャッチングの安定感は川島が一歩抜きんでており、ハイボールへの対応は林の真骨頂。だが、2人とも左足のキックになるとたちまち精度が落ちていた。GKからのパスを重視するのなら、西川ということになり、監督のニーズによってGKは使い分けることができる。

もっとも、川島にとってみると、この場にいることはそれだけでも他の選手とは違う価値があるのかもしれない。今回、出場機会が少ない本田圭佑や長友佑都が招集されたことで、ヴァイッド・ハリルホジッチ監督が常々語っていた「試合に出場していないと呼ばない」という原則は崩れた。そしてその原則を最初に破ったのが、メスに移籍した後、出番のない川島だったのだ。

ハリルホジッチ監督にとっても、原則を曲げておいた甲斐があったというものだろう。長谷部誠の離脱という緊急事態に、チームを鼓舞できる川島の存在は一層心強いはずだ。

川島は自身のコンディションについて「試合勘も含めてやれることは全部やってます。常に監督に出してもらえるようにアピールするという意味では、変わりはありません」と語る。

自分の調子がいいとき、他の選手に指示できるのは普通のこと。ハリルホジッチ監督から再び呼ばれるようになって以降、川島は「リーグ戦には出られていなくて、2試合ベンチに入って、2試合はリザーブチームでプレーして」という状況の中で他の選手に声をかけ続けてきた。

今回の長谷部の離脱を川島は、「自分たちにとって大きな痛手」「こういうときこそ一致団結することがチームの力になる」「一人1人が団結力という気持ちを持ってこの2試合に臨むのが大事」と捉えている。

その中で自身の役割が一層大きくなったことは感じているだろう。長谷部ほど「気配りはできないですよね」と笑うが、「チームをいい方向に声かけながらやっていけたらいいと思います」との決意を語る。

「大きなプレッシャーがかかった中で、普段ならできるプレーで本来の力が発揮できないことが出てくると思うし、事故やレフェリングのことも起こりうるので、経験とはそういうときに落ち着いてチームを正しい方向に導いていけるかどうか」

どんな形で試合に関わることになっても、川島がこの大切な試合に必要なのは間違いないだろう。

【日本蹴球合同会社/森雅史】

原文リンク

本站帖子來源於互聯網,轉載不代表認可其真實性,亦不代表本站觀點!
關於本站| 官方微博| 私たちの関心網| よくある問題| 意見反饋|copyright 私たちの関心網