戻る


Netflixしか見ていない子どもの多くは「CM」が何かわからないという調査結果

1

by Justin Henry

動画配信サービスを使っていると、ネット接続環境さえあればいつでもどこでも好きな作品を見ることができますが、テレビのように本編中にCMが挿入されることはありません。この影響か、「テレビがなくNetflixのみしか見ない」という家庭の子どもは、CMが何を意味しているのかわかっていないらしいことが報告されています。

82% of Kids in ‘Netflix Only’ Homes Have No Idea What Commercials Are

http://exstreamist.com/82-of-kids-in-netflix-only-homes-have-no-idea-what-commercials-are/



これはストリーミング関連についてのニュースを扱うExstreamistの調査でわかったもの。Exstreamistでは2016年8月に「Netflixが子どもたちを年間150時間ものCMから救っている」という記事を掲載しているのですが、このあと、読者から「うちの子はそもそもCMが何か知りません」というメールがあって、そもそもCMを知っているのかについて調査を行うことにしたそうです。

調査対象は「10歳未満の子どもがいる」という家庭のうち、Netflixしかない家庭50軒と普通のテレビのある家庭50軒、合計100軒。「あなたの家のお子さんは『CM』が何か知っていますか?」という質問に対して、回答は「いいえ(知らない)」「はい(知っている)」「わからない」の三択。

すると、テレビのある家では「知っている」57%・「知らない」38%だったのに対して、Netflixのみの家庭では「知っている」12%・「知らない」82%という回答でした。



実際に、Netflixしかないという家庭からは「娘が2人いるけれど、これまでに見たことがあるCMの数は10本以下だと思う」や「番組を見せっぱなしにしていてもCMに毒されないのはいいことです」といったコメントが得られています。

なお、「CM」という聞き方にしたため「知らない」という回答が多かったのであって、「広告」に変えればインターネットなどで触れる機会があるので知っている子どもも多いのではないかという指摘がコメント欄でなされています。

原文リンク

本站帖子來源於互聯網,轉載不代表認可其真實性,亦不代表本站觀點!
關於本站| 官方微博| 私たちの関心網| よくある問題| 意見反饋|copyright 私たちの関心網