戻る


旅客機のプロペラ脱落=片側エンジンで無事着陸−豪

 【シドニー時事】オーストラリアの地域航空会社リージョナル・エクスプレス(Rex)のサーブ340B型旅客機の飛行中に、片方のプロペラが脱落する事故が17日起きた。片側エンジンで飛行を続けて、シドニー空港に到着し、乗客・乗員19人にけがはなかった。豪運輸安全局が事故原因を調べている。

 旅客機は豪東部のオルバリーからシドニーへ向かっていた。Rexは20日、暫定調査結果を公表し、「異常表示に従い、操縦士が右エンジンを停止した後、右のプロペラがシャフトから外れた」と説明。「通常の手順通りに運航していた」と強調した。 

原文リンク

本站帖子來源於互聯網,轉載不代表認可其真實性,亦不代表本站觀點!
關於本站| 官方微博| 私たちの関心網| よくある問題| 意見反饋|copyright 私たちの関心網