戻る


女性の機嫌をとるのにキスはNG 脳科学者「女性は濃厚なキスを望んでいない」

 「嫁の機嫌をとるにはキスがいい」という話題で、ネット上で大論争が起きている。


 事の発端は、とある男性がツイッター上で「僕『嫁さんの機嫌を取るのって大変ですよね』未婚先輩『キスしたらいいじゃないですか?』」という投稿をしたことから。

 これに対して、既婚者から総ツッコミ。

「バカか」

「お前は何もわかっていない」

「もう恋人ごっこは終わったんだよ」

「お前上司の機嫌悪かったらキスしたらいいと思ってんのか」

 などなどのコメントが寄せられ、5万以上 のリツイートの大反響。


 そして、なぜかキスから「嫁=上司」論にまで発展したという。

 街頭インタビューでは、キスの効用を信じる男性陣だが、女性陣にこの話をしてみると……

「ありえないですね。喧嘩する原因があって、甘く見てんじゃねえよって思う」「何の解決にもならない。騙されないです」と、猛抗議。ネット上でも「キレてる時にキスされたらぶっ飛ばす」「キスする気になれない、むしろ引く」「女は男ほど単純な生き物じゃない」「キスで誤魔化せるというのが浅はか」など、厳しい意見が多く寄せられた。


 それもそのはず、脳科学者で、恋愛学の権威である中野信子氏 によると、男性はどんな時でもキスをすると体内にオキシトシンと呼ばれる愛情ホルモンが出てきて、幸せな気分になれるが、女性はその愛情ホルモンを得るにはもう一つの条件が必要だった。

「ムードがないのにチューだったらその場しのぎな感じは確かにしますね」とコメントした女性がいたように、ムードがある環境であることが大切なのだ。これを勘違いしている男性が圧倒的に多いという。


 また、キスの仕方にも、男女間で価値観の違いが。


 男性「ディープキスが好きです」

 男性「ディープキスですね」

 男性「熱い、ディープキスが好きです」

 女性「ライトな方が好きです」

 女性「普通のキスでいいです」


 と、男性は濃厚なキスの方が愛情が深いと思っているが、実は女性は濃厚なキスを望んでいない可能性がある。

 中野氏は『バードキス 』と呼ばれる、短めのキスを繰り返した方が、女性には効果的と語る。髪を撫でながらだと100点満点らしい。


 男性陣は是非参考にしていただきたい。( AbemaTV/AbemaWaveサタデーナイト より)

(C)AbemaTV

原文リンク

本站帖子來源於互聯網,轉載不代表認可其真實性,亦不代表本站觀點!
關於本站| 官方微博| 私たちの関心網| よくある問題| 意見反饋|copyright 私たちの関心網