戻る


斎藤佑、2軍戦先発で5回3失点 制球を乱す場面も

鎌ケ谷スタジアムでイースタンリーグ・巨人戦に先発した日本ハム・斎藤佑

写真拡大

 ◇イースタンリーグ 日本ハム―巨人(2017年3月20日 鎌ケ谷)

 日本ハムの斎藤佑樹投手(28)が20日、鎌ケ谷スタジアムで行われたイースタンリーグ・巨人戦に先発。同リーグの本拠地開幕戦でもあり、多くのファンが詰めかけた。

 初回は1死から寺内に左前打を浴びたが、亀井、堂上の後続を断って無失点に抑え。2回は簡単に3者凡退。しかし、3回は亀井に適時打を浴びて1点を失い、4回は4安打を集中されて2点を失った。

 オープン戦など今月に入ってからの過去3試合は計5イニングを無失点だったが、この日は5回7安打3失点。何とか試合は作ったが、制球を乱す場面も目立った。

 昨季は3年ぶりの未勝利で優勝と日本一に貢献できなかった右腕は「開幕1軍ならポジションは(先発でも中継ぎでも)どこでもいい」と話すなど、今季に懸ける思いは強い。

原文リンク

本站帖子來源於互聯網,轉載不代表認可其真實性,亦不代表本站觀點!
關於本站| 官方微博| 私たちの関心網| よくある問題| 意見反饋|copyright 私たちの関心網