戻る


ダウンタウンとヒロミがかつて共演した「黒歴史」番組

松本人志(ダウンタウン)

写真拡大

19日放送の「ダウンタウンのガキの使いやあらへんで!!」(日本テレビ系)で、ダウンタウンとヒロミがかつて共演したものの「黒歴史」となってしまった番組を明かした。

この日は「50代芸人大集合!あっちむいてホイホイホイ!」と題して、ダウンタウンと同世代の50代芸人のヒロミ、ホンジャマカの恵俊彰、ダチョウ倶楽部の肥後克広がゲスト出演。本編のゲームに移る前、各人のプロフィールをおさらいしながらデビュー当時の思い出などを語った。

その中で、ダウンタウンとヒロミが率いるお笑いトリオ・B21スペシャルの共演歴が話題に。ヒロミは「番組一緒にやってたもん」と話し、1989年に放送された「全員出席!笑うんだってば」(日本テレビ)で共演していたことを明かした。

しかし、同番組について浜田雅功は「黒歴史」とひと言。ヒロミも「そう、誰も笑わなかった」と返し、松本は「誰も笑わんかった。最後はあんまり出席もしなかった」と人気もやる気もなかったのだと当時を振り返った。

番組自体も短命で終わったようで松本が「5、6回で終わった」と答えると、浜田は大爆笑。最後は松本とヒロミが「視聴率が低ーい!」と声を合わせ、打ち切りになった理由を明かしていた。

【関連記事】
・ダウンタウンがとんねるずとの不仲説の真相を語る「周りが気を使ってるだけ」
・「ダウンタウンとしゃべるな」ヒロミの尖っていた若手時代を暴露
・松本人志がダウンタウンの今後に言及「ホントは漫才がしたい」

原文リンク

本站帖子來源於互聯網,轉載不代表認可其真實性,亦不代表本站觀點!
關於本站| 官方微博| 私たちの関心網| よくある問題| 意見反饋|copyright 私たちの関心網