戻る


侍J権藤博投手コーチ「WBCは8年前と明らかに変わった」

コラム【権藤博の「奔放主義」】

 前回の第3回大会を見るまで、実は私はWBCに対していいイメージを持っていなかった。

 それは、日本が連覇を果たした2009年の第2回大会に起因する。第2ラウンドに進出した日本を追いかけ、私はサンディエゴとロサンゼルスまで取材に行った。肌で感じたいと思っていた熱気がしかし、現地ではまったくない。試合を見ても、「なんなんだ、これは」とガッカリすることばかり。世界一を目指して必死に戦う日本や韓国の選手とは対照的に、米国もメキシコもお粗末なプレーの連続だった。

 それぞれのチームの中心にいるメジャーリーガーは、明らかに開幕前の調整段階という態度で、覇気が感じられなかったのだ。記者席もガラガラ。現地の新聞にはWBCのことなどほとんど載っていない。そんな状態だった。

 だから、13年の前回大会には取材に行かず、テレビで観戦することにしたのだが、すぐに後悔した。優勝したドミニカ共和国も日本を準決勝で破ったプエルトリコも、目の色がまるで違った。10億円以上の年俸をもらうメジャーの連中が1球、1点、1勝に必死になっているのがテレビ画面からも伝わってきた。

 そして迎えた今回の第4回大会である。まさか自分が日本代表のユニホームを着て、このWBCを戦うことになるとは思っていなかったが、各国の大会への向き合い方は、さらに変わってきたと実感している。

 ここまで日本が戦ってきたキューバ、オーストラリア、中国、オランダ、イスラエルは凄まじい圧力を持って立ち向かってきた。

 米国で行われたC組、メキシコで行われたD組の1次ラウンドも劇的な試合の連続だ。C組、D組の1次ラウンド計13試合で実に7試合が逆転による決着。2点差以内の接戦も6試合を数えた。8年前とは選手が発するオーラが明らかに違っている。

 日本はロサンゼルスで行われる決勝トーナメントへの進出を決めた。現時点でまだ、相手は決まっていない。プエルトリコ、ドミニカ共和国、米国、ベネズエラのどこが勝ち上がってきても、厳しい戦いになるだろう。特にメジャーリーガーが並ぶ打線はどこも強力だ。

 相手に不足なし。そんな心境で米国に降り立った。

(権藤博/野球評論家・侍ジャパン投手コーチ)

原文リンク

本站帖子來源於互聯網,轉載不代表認可其真實性,亦不代表本站觀點!
關於本站| 官方微博| 私たちの関心網| よくある問題| 意見反饋|copyright 私たちの関心網