戻る


温かな家庭を希求し引退 堀北真希に芸能界復帰の可能性は

 堀北真希(28)が今年2月いっぱいで芸能界引退を表明したことを世間は衝撃をもって受け止めた。

 2015年に結婚した夫で俳優の山本耕史との間に第1子を出産したと発表したのが昨年12月。母となり、子育てをするなかでの決断で、「このあたたかで、かけがえのない幸せを全力で守っていきたいと思います。愛情いっぱいの家庭を築いていきたい」などと胸中を明かしている。

 2012年のNHK朝の連続テレビ小説「梅ちゃん先生」で全国区の女優となり、同年の紅白歌合戦では紅組司会を務めた。引退に際して、芸能人の最も大きな収入源である大手企業のCM出演も継続契約を断っていたというから、生半可にはできない決断だ。

 芸能界か、家庭か。自分にとって本当に大切なのはどちらかと考えたのは間違いないだろう。芸能界にいれば華やかなスポットライトが当たる人生を歩むことはできる。しかし、それで最後に何が残るのか。愛する子どもを抱いた時、内面から湧き上がる女の勘で家庭を選んだのだろう。

 堀北の場合、不幸な生い立ちもこの決断をするうえで影響しているようだ。女性誌によると「一家離散の過去」があり、幼少期は東京郊外の住宅街にポツンと立つ木造アパートでパート勤めの母親と妹ふたりと暮らし、父親が不在の環境で育ったという。温かな家庭への希求と、愛する子どもに自分と同じ思いをさせたくないという決意が想像できそうだ。

 とはいえ、まだ20代の若さ。子育てが一段落してから芸能界復帰という選択もある。だが「それは絶対にしないと思っているのでは」とベテラン芸能記者の青山佳裕氏は言う。

「堀北さんはかねて山口百恵さんのファン。一番いいときにスパッと引退を決めたのも、百恵さんの引退への憧れが背景にあるでしょうし、百恵さんのように、二度と復帰しないと心に決めていると思います。ポイントは、夫の山本耕史が三浦友和のようになれるかということ。百恵さんはワインが好きで、日曜日は夕方に夫婦そろってワインを飲みながら『笑点』を見ているそうです。笑いのツボが一緒というだけじゃなく、仕事があっても夕方5時には必ず帰って来て、浮気などしたことがないという友和の存在が大きいのは間違いないでしょう」

 堀北が芸能界に復帰するかどうかは山本の心掛け次第のようだ。

原文リンク

本站帖子來源於互聯網,轉載不代表認可其真實性,亦不代表本站觀點!
關於本站| 官方微博| 私たちの関心網| よくある問題| 意見反饋|copyright 私たちの関心網