戻る


遊泳中に倒木の下敷き、高校生20人死亡 ガーナ

前日に20人が死亡したガーナ中部の人気観光スポット、キンタンポの滝付近に立つ警察官とボランティアら(2017年3月20日撮影)。(c)AFP=時事/AFPBB News

写真拡大

【AFP=時事】(写真追加)ガーナ中部の人気観光スポット、キンタンポ(Kintampo)の滝で19日、川で泳いでいた高校生らの上に木が倒れかかり、20人が死亡した。木は暴風雨の影響で倒れたという。救助当局が明らかにした。

 事故は同日午後、ブロングアハフォ(Brong-Ahafo)州にある同滝で発生。救助当局のプリンス・ビリー・アナグレート(Prince Billy Anaglate)報道官がAFPに述べたところによると、学校の旅行で来ていた高校生らが川の中で泳いでいたところ、暴風雨の接近に伴って木が何本か根こそぎ倒れ、高校生らの一部を直撃したという。

 同報道官は、こうした事故は「異例」だとしている。

 現場で高校生18人が死亡し、2人が搬送先の病院で死亡した。他に11人が治療を受けており、そのうちの1人は引率していた学校関係者だという。

 ガーナでは死者を出す大規模な洪水や石油タンカーの爆発など、安全規制の緩さや規則の無視が原因の災害や事故が散発的に起きている。
【翻訳編集】AFPBB News

原文リンク

本站帖子來源於互聯網,轉載不代表認可其真實性,亦不代表本站觀點!
關於本站| 官方微博| 私たちの関心網| よくある問題| 意見反饋|copyright 私たちの関心網