戻る


ヌード撮影に出演したアライグマが急に発情して動物園が大困り

ヌード撮影に出演したアライグマが急に発情して動物園が大困り

写真拡大

モスクワの動物園が広告会社を訴えた。広告撮影用に貸し出したアライグマが、ヌードモデルと共演したおかげでエッチになっちゃったというのだ。撮影から動物園に戻ったアライグマは、人間の女性の胸に異常な興味を示しているという。

ヌード撮影とは聞いていなかった

訴訟を起こした動物園は、ロシア・モスクワにある子供向けふれあい動物園。動物たちは人に撫でられることに慣れているので、商業用フィルムの撮影によく貸し出される。

その動物園のアライグマ、トーマス君は、昨年8月にArt-Mskという広告会社が制作する広告ビデオに出演した。動物園の担当者ヴィクトル Kiryukhinさんは「ノーマル」な撮影だと聞いていため、何も心配しなかったと言う。ところが、撮影から帰ったトーマス君の様子がおかしかった。

裁判所に提出された文書によると、アライグマは「精神的外傷を与えられ」ており、「人間の女性の胸にばかり夢中になっていた」そうだ。

本站帖子來源於互聯網,轉載不代表認可其真實性,亦不代表本站觀點!
關於本站| 官方微博| 私たちの関心網| よくある問題| 意見反饋|copyright 私たちの関心網