戻る


大竹まこと 天下り公務員を擁護した杉村太蔵を一喝「うるせえなバカ野郎!」

杉村太蔵

写真拡大

19日放送「ビートたけしのTVタックル」(テレビ朝日系)で、タレントの大竹まことが、杉村太蔵を怒鳴りつけた。

番組では、「天下りに高待遇…やっぱりなるなら公務員!?SP」と題し、「官民格差」の実態などについて出演者が意見を交わしていった。天下りについては、2007年の第一次安倍内閣時に国家公務員法改正で、その根絶が図られたが「(省庁OBによる)口利きの禁止」が明文化されていなかったため、その隙間を狙った行為が横行しているという。現在では、組織的な天下りあっせんに、文部科学省が約30件関わったことを明らかにし、改めて注目されている。

また番組によると、天下り先の待遇ぶりは目を見張るものがあるというのだ。例えば、中央省庁の事務次官クラスまで上り詰めた人物が大手生命保険会社に「天下り」した場合、月2日勤務で年収1千万円ほどもらえるという。

そんな天下り公務員の実態が明かされるなか、スタジオではその対処をめぐって出演者らが意見を述べていた。天下りに否定的な意見が占めるなか、杉村は「あんなに難しい公務員試験を合格されたんだから、ある程度の待遇はしょうがないだろって気持ちは…」と、公務員に同情的な意見を飛ばす。

この発言に大竹は、間髪入れずに「うるせえなバカ野郎!」と一蹴し、杉村はうなだれるしかなかった。

【関連記事】
・ビートたけしが格差社会の実態を危惧「搾取されている人がいっぱい増える」
・杉村太蔵が演説で浴びたやじ「『日本変える』って言ったら『やめてくれ』って」
・大竹まこと 政府が推進するカジノ構想をバッサリ「大問題でしょ」

原文リンク

本站帖子來源於互聯網,轉載不代表認可其真實性,亦不代表本站觀點!
關於本站| 官方微博| 私たちの関心網| よくある問題| 意見反饋|copyright 私たちの関心網