戻る


トランプ氏がブチ切れた 人気ラッパー「風刺映像」シーン

トランプ氏が問題視したシーン(画像はYouTube上に公開された「Lavender」のスクリーンショット)

写真拡大

ドナルド・トランプ米大統領が人気ラッパー、スヌープ・ドッグさんにご立腹だ。

ドッグさんは2017年3月12日、YouTube上にミュージックビデオ「Lavender(ラベンダー)」を公開。その中にトランプ氏を揶揄するようなシーンがあることから、本人がツイッターで反撃に出たのだ。

トランプ氏「もしオバマに銃を向けていたら...」

ミュージックビデオの登場人物は、大半が顔にピエロのメークを施している。そのうちの1人「RONALD KRUMP(ロナルド・クランプ)」と名付けられたピエロは、紺のスーツに赤ネクタイ、金髪の独特なヘアースタイル...と、名前も見た目もトランプ氏そっくり。ホワイトハウスならぬ「THE CLOWN HOUSE」の演壇に立ち、大げさな身振り手振りで話す。

とりわけ注目を集めているのは、ドッグさんがクランプ氏の頭にオモチャの銃を向けるシーンだ。ドッグさんが引き金を引くと「BANG(バン)」という旗が飛び出す。

ビデオ公開を受け、トランプ氏の私的弁護士であるマイケル・コーエン氏は14日(米時間)、米芸能ニュースサイト「TMZ」の動画プログラムに出演し、ドッグさんのビデオを「恥ずべき行為」と批判。「大統領に謝るべきだ」と主張した。

15日(米時間)には、トランプ氏本人もツイッターで言及した。

「Can you imagine what the outcry would be if @SnoopDogg, failing career and all, had aimed and fired the gun at President Obama? Jail time!(もしスヌープ・ドッグがオバマ前大統領に銃を向けて発砲していたら、どんなに激しい抗議が起きたか想像できるか?刑務所行きだ!)」

「からかわれるのがいちばん嫌らしい」「おもろい大統領だ」

一方、ドッグさんのツイッターは16日夕時点(日本時間)、トランプ氏のツイートには触れることなく、通常の更新を続けている。

人気ラッパーと米大統領のバトルは日本でも話題を呼び、

「やっぱ、からかわれるのがいちばん嫌らしい」
「スヌープおじさん相変わらずトランプ嫌いなんやな」
「やり過ごさず、とことん戦うな、トランプはwおもろい大統領だ」
「スヌープとトランプのビーフ(編注:揉め事を指すヒップホップ用語)とか面白すぎんだろ笑」

といった声がネット上に上がっている。

原文リンク

本站帖子來源於互聯網,轉載不代表認可其真實性,亦不代表本站觀點!
關於本站| 官方微博| 私たちの関心網| よくある問題| 意見反饋|copyright 私たちの関心網