戻る


小金井刺傷事件「14年6か月」後に再び訪れる恐怖とストーカー被害者のリアル

判決後にマスコミの取材に応じ冨田さんの様子を明かした担当弁護士

写真拡大 (全3枚)

 懲役14年6か月(求刑は懲役17年)─。2月28日、東京地裁立川支部で下された判決を裁判所の控室で弁護士に知らされた冨田真由さん(21)は「17年でも短いと思っていたのに……」と、ぽつりとつぶやき、以後絶句してしまったという。

 冨田さんの代理人弁護士は、そのように明かした。

 昨年5月21日、東京都小金井市で音楽活動をしていた女子大生の冨田さんを、無職の岩崎(旧姓・岩埼)友宏被告(28)がメッタ刺しにした事件。傷痕は全身に34か所。殺人未遂罪などに問われた。

 裁判所は「被害者が抵抗できなくなっても執拗に刺し続けており、危険かつ悪質。死亡してもおかしくない容体だった。一定の計画性があり、殺意は非常に強固だった」と断罪した。

 一命は取り留めたが、冨田さんは今も、後遺症に苦しんでいる。裁判の意見陳述で、次のように明かした。

「今でも毎日、リハビリを続けていますが、思うように身体が動きません。大好きだった歌うことも、食べることも、口に麻痺が残っていて、苦痛になっています。大好きだったギターもほとんど弾くことができません。

 視力が低下していたり、視野が狭くなっていたり、常に行動に制限が出ています。そのため少し歩いたら、物や人にぶつかりそうになります。右足の親指にも麻痺が残っていて、家の中でさえすぐにつまずいてしまいます。“どうして当たり前にできていたことができないの”と悔しくてたまりません」

 すると意見陳述の途中、岩崎被告は「じゃあ殺せよ」などと2度にわたり冨田さんに罵声を浴びせ、裁判長に退廷させられた。

 冨田さんの弁護士は、

「裁判での受け答えの内容などから、きっとまた同じ状況になったらやると思っています。あそこまで反省していない被告人は他にいないですよ」

 と、あきれ、判決についても「それをわかったうえで、あの判決はひどいと思いますね」と不快感をあらわにした。

裁判中に叫んだ被告の心理とは

 意見陳述で「もうこの世の中に出てきてほしくない。今すぐ消えてほしいです。それが叶わないならば一生、刑務所にいてほしい。そうでないと安心して生活できません」と訴えた冨田さんが、判決に絶句するのも無理はない。

 冨田さんは判決後、改めて文書で心情を発表した。

「あれだけのことをしたにもかかわらず、何の反省もしていない犯人が、長くても、たった14年3か月(編注・拘留期間を除く)で塀の外に出てくると思うと怖いです。たった14年後には、犯人が塀の外を歩いている。そう思うと、今から不安と恐怖しかありません」

 街の人の声を聞いた。

 30代の女性は「被害者は夢を追うこともできず、元の生活に戻ることすらできない。軽すぎる量刑に、同じ女として不快感を覚えますね」と被告への憤りを隠さず、20代の女性は「いろんな後遺症を背負って、毎日悪夢にうなされて、ほとんど生き地獄ですよね」と冨田さんが直面する苦悩を思いやった。

 ストーカー加害者や被害者のカウンセリングを行うNPO法人ヒューマニティ理事長の小早川明子さんも、判決に、

「短いと思います。ストーカー犯罪の特徴である再現性が捨てきれませんから」

 と疑問を投げかけ、加害者の再犯防止のためには、制度導入が必要と訴える。

「8年ほどで出所し私のところに来た加害者が、“相手を殺そうと思っている”と話したこともあります。刑務所ではストーカー犯罪に対する治療が行われていませんので、制度として作っていくことが必要です。

 犯人は、自分の思いどおりにならないので、冨田さんに制裁を加えたわけです。その考えが根底にある限りは、反省はできないでしょうね」

 28歳の岩崎被告が、刑期満了で出所するのは42〜43歳。

「10年以上離れれば、彼女への欲求は沈殿するかもしれませんが、あくまでも沈んでいるだけです。出所すれば、外部の刺激にかき混ぜられ再現する可能性があるのです」と小早川さんは不安視する。

 20年近くにわたり、元恋人によるストーカー被害に遭っている男性(49)がいる。

 おびただしい電話と罵詈雑言にわいせつ語を書き連ねたハガキに危険を感じた男性と妻(49)は、警察に相談。最終的に殺人事件などを扱う捜査1課が対応し、逮捕に至ったという。

 だが今も誕生日やクリスマス、バレンタインデーなどに、恨みのこもった手紙が届く。

「警察で指紋を取ったんですが、何もついていなかったようです。これが一生続くのかと思うと、本当に不安ですよね。相手の存在が消えない限り、恐怖は続きますよね」

 と逮捕後も夫婦で怯える。

「ストーキングは反応を欲しがる禁断症状」

 岩崎被告が収監されれば、冨田さんが岩崎被告に接近されることはないが、判決を不服とした岩崎被告は3日までに、東京高裁に控訴した。

 冨田さんに、被告と向き合わなければならない憂うつな場面が再び訪れるかもしれない。裁判で岩崎被告は調書が読み上げられている最中に笑ったという。さらに冨田さんに罵声も浴びせかけた。

「あれは、法廷の場を借りたストーキング行為ですよ」

 小早川さんはそう断じる。

「衝立で隔てられているとはいえ、事件後初めて、近くで生の声が聞けたので、脳に報酬がもたらされたと思います。ストーキングというのは反応を欲しがる禁断症状のようなものです。刺激が与えられれば出現します。本人がいかに反省していると語っても、冨田さんへの欲求は続いているし、今後も続くと私は見ます」

 高裁、最高裁と判決が確定するまでは、岩崎被告は収監されない。また法廷で冨田さんに会えると思ったのか。

「犯人は何ひとつ傷ついていないのに、私だけが身体にも心にもこんなに多くの傷を負って、これから先も痛みに耐えて生きていかなければならないと思うと悔しいし許せません」

 冨田さんは裁判で、加害者と被害者の苦痛の違いを訴えた。

 加えて、いずれは出所するという将来への不安。また自分に危害を加えるかもしれないという恐怖もぬぐえない。

 前出・小早川さんは、

「ストーカーがなぜ許せないかというと、肉体的な被害もそうですが、引っ越しをしたり職を変えたり、心に大きな傷を負ったり、被害者が自分の人生を歩めなくなってしまうからです」

 と言葉に力を込める。そして冨田さんには、

「加害者に負けない人生を送ってほしい。やりたかったことをやる、住みたかったところに住む。それには、周囲の人の協力が必要です。被害者が望む人生を、みんなで作ってあげないといけない。今はとても苦しい時期だと思いますが、くじけずに自分の人生を送ってほしい」

 冨田さんが元の生活を取り戻すことを願う。

原文リンク

本站帖子來源於互聯網,轉載不代表認可其真實性,亦不代表本站觀點!
關於本站| 官方微博| 私たちの関心網| よくある問題| 意見反饋|copyright 私たちの関心網