戻る


「自律走行トラクター」は食糧危機を救えるか?

「自律走行トラクター」は食糧危機を救えるか?

写真拡大

自律走行車が注目されるなか、その技術を農業に応用する動きが出てきている。人類が直面する食糧危機を解決すべく、「農業の自動化」に取り組む2つの会社を紹介。

「「自律走行トラクター」は食糧危機を救えるか?」の写真・リンク付きの記事はこちら

国際連合は、世界の人々に食糧を供給するには、2050年までに食糧生産を70パーセント増加させる必要があると見積もっている。こうした問題を解決するのは、「農業の自動化」かもしれない。

米国のトラクターメーカーであるJohn Deereは、半自動トラクターが世界中ですでに20万台稼働していると述べている。

これはGPS追跡モジュールを装着することで、畑全体の種子分布とルートを連携させることができるというもの。畑を真っ直ぐに耕すようプログラムすることも、畑全体を移動するように設定することも可能だ。正確に種まきをすれば、無駄になる種を減らすことができる。

Autonomous Tractor Corporationの自動運転改良システムを搭載したトラクター。

一方、米国ノースダコタ州ファーゴに本拠地を置くAutonomous Tractor Corporationは、レーザー無線ナヴィゲーションシステムを使用して、畑の中を走行する自動運転改良システムを搭載したトラクターを開発している。同社は、2017年に完全自律走行トラクターを発売する予定だ。

将来は、農業のプロセス全体が自動化されていくはずだ。ネットにつながった種まき機や収穫機が、相互に通信しながら連携するようになるのである。最終的には、こうしたトラクターが自律型の運搬トラックとコミュニケーションしながら、農産物が畑から食卓へと運ばれるようになるだろう。

RELATED

人工知能とレタス:食糧危機から人類を救うのはAIかもしれない

原文リンク

本站帖子來源於互聯網,轉載不代表認可其真實性,亦不代表本站觀點!
關於本站| 官方微博| 私たちの関心網| よくある問題| 意見反饋|copyright 私たちの関心網