戻る


空から見た、ぼくらの知らないコロラドの姿

空から見た、ぼくらの知らないコロラドの姿

写真拡大

コロラド州に広がる高原を辿れば小麦畑や採掘場、牧草地などさまざまな風景が見えてくる。空高くから見ることでより一層美しく見える風景。

SLIDE SHOW 「空から見た、ぼくらの知らないコロラドの姿」の写真・リンク付きの記事はこちら
11_22dragline-piles-powder-river-basin-wy-201422-evan-anderman-20140314_powder_river_basin_063

2/14PHOTOGRAPH BY EVAN ANDERMAN

03_22magenta-bloom-fort-morgan-co-201422-evan-anderman-20140409_fort_morgan_020

3/14藻類の花はこのコロラド州フォートモーガンの飼育場から出る廃棄物を紫色に輝かせる。PHOTOGRAPH BY EVAN ANDERMAN

02_22four-deep-keenesburg-co-201622-evan-anderman-20160224_keenesburg_047

4/14コロラド州キーンズバーグでは列車の車両がオイルを積まれるのを待っている。PHOTOGRAPH BY EVAN ANDERMAN

09_22fracking-fracas-pawnee-buttes-co-201422-evan-anderman-20140325_pawnee_buttes_025

5/14コロラド州ポーニー・ビュートでの破砕作業PHOTOGRAPH BY EVAN ANDERMAN

13_22burnt-sticks-deckers-co-201422-evan-anderman-20140418_hayman_burn_001

6/14コロラド州デッカーズ近くの景色は未だに2002年のヘイマン火事によって焼かれた木々に覆われている。この地域への植栽が進むにつれ、赤い泥に木々の緑を加えられていく。PHOTOGRAPH BY EVAN ANDERMAN

07_22improved-paradise-castle-pines-co-201522-evan-anderman-20151104_castle_pines_006

7/14コロラド州キャッスルパインズの乾燥した丘の中央にゴルフコースが広がっている。PHOTOGRAPH BY EVAN ANDERMAN

17_22all-used-up-hudson-co-201422-evan-anderman-20140212_beebe_draw_022

8/14タイヤの山には、ディーゼル燃料や活性炭、鉄にリサイクルされる3,100万本の中古タイヤが積み上がっている。PHOTOGRAPH BY EVAN ANDERMAN

08_22latent-pipeline-windsor-co-201622-evan-anderman-20160217_windsor_004

9/14コロラド州ウィンザーではパイプが設営されるのを待っている。PHOTOGRAPH BY EVAN ANDERMAN

15_22standing-tall-limon-co-201622-evan-anderman-20160213_limon_039

10/14コロラド州リモン近くのウィンドファームPHOTOGRAPH BY EVAN ANDERMAN

14_22retreat-eads-co-201522-evan-anderman-20151207_eads_019

11/14干ばつによりコロラド州イーズにある貯水池の水面が下がってしまった。PHOTOGRAPH BY EVAN ANDERMAN

16_22blades-windsor-co-201622-evan-anderman-20160321_windsor_029

12/14コロラド州ウィンザー近くではウィンドタービンの羽根が出荷を待っている。PHOTOGRAPH BY EVAN ANDERMAN

12_22mountain-dispersal-golden-co-201622-evan-anderman-20160304_golden_001

13/14コロラド州ゴールデンのはずれにある花崗岩の採掘場PHOTOGRAPH BY EVAN ANDERMAN

04_22patchwork-grid-yuma-co-201622-evan-anderman-20160312_yuma_045

14/14コロラド州ユマ近くのこの飼育場には牛が点々としている。PHOTOGRAPH BY EVAN ANDERMAN

Prev Next

コロラドといえば、誰しも白雪を冠したロッキー山脈を思い浮かべるはずだ。しかし、コロラド州の半分近くは山々へと広がる高原で埋め尽くされている。実に美しく、とりわけ上空から見た景色は抜群だ。

「景色を見ることであらゆるものがどのように組み合わさっているかを理解できる。わたしはそれが大好きなんです」と、エヴァン・アンダーマンは話す。エヴァンは何時間もかけて自身の飛行機のコックピットから写真を撮影する。その高度は平原から高さ約450mだ。

200回ほどに及ぶ飛行中に撮影された彼の素晴らしい写真は、平原や産業の広大さを捉えている。小麦やキビの畑、風に吹かれる干し草。放牧地で草を食べる牛。点在する工場、採鉱場、石油掘削装置。「隅から隅まで、何らかのかたちで (産業から) 影響を受けています」と、アンダーマンは語る。

52歳のアンダーマンは、人生のほとんどをデンヴァーで過ごしてきた。地質学エンジニアとして数十年間働いたのち、写真と飛行機に挑戦した。彼は2005年にプロの写真家になり、それから7年後にセスナ「206」を購入する。そしてセスナに新しい航空電子機器と自動操縦機能を積み、飛行中も撮影ができるようにした。

週に2回、彼は娘を学校で降ろしてからデンヴァーにあるセンテニアル空港へ向かい、空の上で1日を過ごす。いつもと違う模様や色を捉えたら、時速240kmから110kmまでスピードを落として自動操縦へと変更。耳を航空電子機器やエンジン音に傾けつつ、ハッセルブラッド「H5」を使って撮影を行う。

飛行中に数百枚の写真を撮影するのは簡単だが、撮影したのが何だったのか解明するのが少々難しい。そんなときはGPSの座標やグーグルマップが大いに役立つし、ときには農場経営者や農家に電話もかける。が、常にうまくいくとはかぎらない。

「何を撮影したのかわからないものもあるんです」と彼は話す。ただ、何を撮影したのかわからなかったとしても、景色の美しさがなくなることはないのだ。

RELATED

美しい航空写真 これらはすべて、チューリップでできている

原文リンク

本站帖子來源於互聯網,轉載不代表認可其真實性,亦不代表本站觀點!
關於本站| 官方微博| 私たちの関心網| よくある問題| 意見反饋|copyright 私たちの関心網