戻る


幅25cm! 「小さい」が新機能の日立ロボット掃除機をチェックしてきた

依然好調のロボット掃除機市場。近年では市場を開拓したルンバに追従し、国内の大手家電メーカーが続々と新製品を投入したことでさらに活気づき、2015年の国内ロボット掃除機市場は前年比で約109%となったそうです。そんな中、“満を持して”の登場となったのが日立初となるロボット掃除機「minimaru(ミニマル) RV-DX1」(以下、minimaru RV-DX1)。最大のポイントは、幅25cm、高さ9.2cmというその「小ささ」。これまでロボット掃除機が苦手としていたか所も“キビキビ”と掃除できるようになったのだそう。どのように掃除をしてくれるのか、チェックしてきました!

ロボットクリーナー「minimaru(ミニマル) RV-DX1」。11月19日より発売。カラーは、シャンパンゴールドとブラックの2色。価格はオープンで、市場想定価格は10万円前後(税別)

下にもぐれるだけじゃない。“家具の角”を認識し離れないようにクルクル掃除

幅25cm、高さ9.2cmというコンパクトサイズが特徴のminimaruは、そのコンパクトさを生かし、これまでのロボット掃除機が掃除できなかった狭い場所まで、掃除できる範囲が広がったのが大きな特徴です。反面、小さくなったとなるとやはり気になるのが清掃能力。しかし、その点においては、同社がロボットクリーナー専用に新開発した「minimaru AI」を搭載し複数のセンサーで周囲状況を素早く判断し、状況に合わせて100以上の行動パターンから選択して運転を制御する走行技術により、部屋全体を丁寧に、かつすばやく掃除できるようになっているそうです。

本体サイズは、250(直径)×92(高さ)mm。重量は、約2.3kg。主要メーカーの高機能ロボット掃除機としては最小サイズ

充電台。充電時間は約3時間で、最長運転時間目安は約60分(自動モード)。稼働面積は最大約32畳。本体のバッテリー残量が少なくなると自動的に充電台に帰還

集じん容積は0.25L。ダストケースは透明でゴミが見やすく、また取っ手付きなので取り外しもラク。しかも集めたゴミを圧縮する機能が(後述)!

まずは、minimaru RV-DX1の掃除のようすをご覧ください。動画では、コンパクトなボディを生かし椅子の脚の間やソファの下の掃除をすばやく、そして念入りに行っている様子がわかります。ボディを小型化したことで1回の走行で掃除できる範囲は狭くなってしまうのは当然ですが、それをフォローするためにminimaru RV-DX1では、minimaru AIと各種センサー、また走行性に工夫が凝らされいます。

原文リンク

本站帖子來源於互聯網,轉載不代表認可其真實性,亦不代表本站觀點!
關於本站| 官方微博| 私たちの関心網| よくある問題| 意見反饋|copyright 私たちの関心網