戻る


クレジットカードのサインは本名じゃなくてもいい? 意外に知らないカードのサイン

クレジットカードのサインは本名じゃなくてもいい? 意外に知らないカードのサイン

写真拡大

新しいクレジットカードが送られてくると、まずは裏面にサインをしてくださいと書いてある。

このサイン、ちゃんとしているだろうか? 

つい面倒くさくて後回しにしていて、いざ使おうと思ったらサインがないからダメ、なんて言われたことはないだろうか。

●サインって、なぜ、必要なの?
クレジットカードを使用する際には、サインを求められる。
カードのサインと照合して本人かどうか確認するためだ。当たり前といえば当たり前だ。

しかし、最近はサインレスでOKだったり、暗証番号を入力するだけだったりということもよくある。サインを求められるものの、先にカードは返してくれることだってある。

それなら裏にサインがなくてもいいんじゃないか?
と思いたくもなるだろう。

しかしこれはNG。サインしていないカードは使うことができないのだ。

ちなみに裏面にサインをしていないカードが不正利用された場合は、保証の対象外となってしまうこともあり得るのだ。

クレジットカードの裏にサインをしていない人は、すぐにサインをしたほうがいい。

●サインは漢字?
ところでこのサイン。当然、日本人なんだから漢字と思っていないだろうか?

実は、そんなことはない。英語で書いたっていいし、ハングルやもっとマイナーな言語を利用してもいいのだ。

とはいえ、やはり無難なのは英語か日本語だ。
漢字は、漢字を使う国以外の人にはまねされにくい。
このことから、日本語の方がいいとよく言われている。

また、海外でよく利用することがある人であれば、パスポートのサインと一緒にしておくと、いざという場合に本人だと証明しやすくなるのでおすすめだ。

●フルネームじゃないといけないの?
サインは名字と名前、フルネーム必要なのか?

実は、これもフルネームであることはない。名字だけでも、名前だけでもかまわない。

たとえば、
とても画数が多くて、毎回書くのが大変ならば、どちらかだけをサインとする方法もある。でもやっぱりフルネームにしたいというのなら、ひらがなやカタカナだけにするのもありなのだ。

●通称はだめ?
芸能人や作家など、本名よりも通称の方を多く使っているという人もいるだろう。
結婚しても、仕事とかでそのまま旧姓を使っている人もいる。

実は、普段書き慣れている「通称」をサインにしても問題はないのだ。

それどころか、記号やマークみたいなもの、名前とはまったく関係のない慣用句だってOKなのだ。

●意外と自由だったカードのサイン
クレジットカードにサイン、と言われると、ついフルネームの本名で、と思いがちだ。

しかし、実は意外と自由だった。

考えてみれば、確かに署名しろとは書いてあるが、フルネームでとか、漢字でとか細かいことは書かれていない。

ただ、注意しなくてはいけないことは1つある。
同じサインができるかどうかだ。

お店で買い物をしてサインする際に、見ながらまねをするようではもちろんアウト。
せっかくだから面白いサインにするのもいいが、おなじように書けないサインはやめたほうがいい。

また、いくら記号でもOKとはいえ、実際には名前以外のサインだと、お店で怪しまれて足止めされたり、不要なトラブルに巻き込まれたりする可能性も高まる。

やはり無難に、名前のサインを使うほうが、よいのかもしれない。

原文リンク

本站帖子來源於互聯網,轉載不代表認可其真實性,亦不代表本站觀點!
關於本站| 官方微博| 私たちの関心網| よくある問題| 意見反饋|copyright 私たちの関心網