戻る


堀江貴文氏が舛添要一都知事の続投を希望「フルボッコにされてもやめないで」

堀江貴文氏

写真拡大

16日、堀江貴文氏が自身のTwitter上で、舛添要一都知事の進退について、続投すべきとの考えをあらためて示した。

13日、舛添氏は東京都庁での定例会見で、かねてより指摘されていた政治資金の公私混同疑惑について、私的使用が一部あったことを認めて謝罪していた。

ところが、会見を視聴した者の多くは不満を抱えているようだ。「日刊スポーツ」の緊急アンケートによると、2131人の回答のうち、会見内容に納得できないと答えた割合は97.7%、舛添氏は都知事を辞任すべきと答えた割合は93.8%に上っている。

舛添氏辞任後の新都知事について、作家の藤沢数希氏は「反原発で名を馳せた山本太郎さんとか、人気実力ともに申し分ないそのまんま東さんとか、元内閣総理大臣の鳩山由紀夫さんとかになるんでしょ?」と推測していた。

すると、堀江氏がこのつぶやきをリツイートした上で、「ぐわ〜それは嫌だなあ。特に山本太郎」と、生活の党と山本太郎となかまたち所属の参議院議員・山本太郎氏の新都知事就任の可能性に嫌悪感を示した。

その直後、堀江氏は「フルボッコにされても舛添さんやめないで下さい」と綴り、舛添氏続投を懇願した。
なお、堀江氏は以前より、「叩いて辞任したらまた無駄金が使われるんだし」と、今回とは別の理由で舛添氏の辞任に反対している。
【関連記事】
・堀江貴文氏の“上から目線”発言に西川史子がイラ立ち「考えられない!」
・堀江貴文氏 スマホへの熱中を危険視する行政の調査結果に「くだらね」
・堀江貴文氏がビートたけしの過激発言を批判「シャレでは済まない」

原文リンク

本站帖子來源於互聯網,轉載不代表認可其真實性,亦不代表本站觀點!
關於本站| 官方微博| 私たちの関心網| よくある問題| 意見反饋|copyright 私たちの関心網