戻る


堀江貴文氏に炎上商法をする理由はない。便乗クソウェブ記者「ホリエモン京大教授批判」記事について

堀江貴文氏(撮影:編集部)

写真拡大

 最初に断っておくと、筆者は元ライブドア社長で実業家の堀江貴文氏のファンであり、氏の著書である『ゼロ』(ダイヤモンド社)や『我が闘争』(幻冬舎)、『本音で生きる 一秒も後悔しない強い生き方』(SB新書)なども読ませていただき、一度トークショー(渋谷のHMV)にも参加させていただいた。氏のビジネスに対する考え方や生き方、心の持ちようなどは非常に参考になり、筆者だけでなく多くの人が勇気付けられ、行動を起こそうと思ったに違いない。

 筆者が本サイトに入稿した『ホリエモンが「給料引き上げ」要求の京大教授に「こいつバカか」! リスク取れない「公務員気質」を一刀両断!?』という記事が、ネットメディア「netgeek」の類似記事とともに取り上げられ、世間的にみると「炎上」したということがあった。正直筆者としても「炎上」など毛頭狙っていなかったので、意外な反響に驚いたというのが本音である。

 筆者としては、単純に堀江氏の発言が「いい考え方だ」と思ったに過ぎない。そして、その発言をできるだけ多くの方に知ってほしいと記事にしたのみ。

 京都大学の高山佳奈子教授が国立大学の給与「年間940万円」を「私大並みに引き上げるべき」だと語っていることに対しSNS上で「何言ってんだこいつ。バカか」その他の反応をしたというもの。堀江氏の「言い方」には賛否両論あるだろうとは思ったが、素直にこの意見に賛同したに過ぎないのだ。

 筆者には、高山教授が旧帝国大学にして日本の大学の「2強」のかたわれである京都大学というバリューに"固執"しているようにしか感じなかった。もっと給与のいい私立大学や海外の大学に職場を移せば済む問題ではないか、講演や事業など他の手を打つべきではないか。本人は私大や海外への人材流出を恐れての行動ということだったが、「学究の徒も、結局は金なのか」とガッカリさせられた部分もある。給与明細を公に公開するという時点で、国立大学の給料が「税金」によって賄われているという認識が弱く、ネガティブなチャレンジだと思ったからだ。その意味での堀江氏の指摘は至極当然と思えたまでである。

 もちろん高山教授が刑法学者として著名な人物であることは調べればすぐにわかったことだが、世間一般的に名の知れた人物ではないだけに、「給料引き上げ」の考えが一般にいきなり受け入れられるわけがない。それを堀江氏が取り上げたことで世間に浸透してしまったということだろう。高山氏にとっても無謀なギャンブルだったのではないか。

 経済ニュースアプリ「News Picks」内でも有識者から多くのコメントをいただき、光栄なことだと素直にうれしかった。

 一橋大学教授である佐山展生氏や楠木建氏が以前、堀江氏の「コンビニ居酒屋」のアイデアに対して否定されたという発言は、確かにスポット的に取り上げてしまった部分があったかもしれないし、その後「News Picks」内で対談し理解し合ったことも認識はしている。しかし、そうした印象を抱かせるやり取りがあり、堀江氏が強く反応したこともまた事実だろう。

 Twitterなどで堀江氏の発言を「炎上商法」と揶揄する声もあったが、それに関しては筆者としても違うと感じている。堀江氏ほどの人物が「炎上」させて云々という小さく浅はかなビジネスをやるとは思えないし、そんなことをしなくてもメルマガなどで十分な収益があるはずだからだ。もちろん言い方がきついので、そう印象を抱く人も少なくないが、それこそが「本音で生きる」堀江氏の真骨頂だろう。そもそも堀江氏は金銭そのものへの興味はないと著書などで何度も語っている。

 堀江氏にこの記事に関して「炎上便乗クソウェブメディア」とコメントされたのはショックなような光栄なような複雑な気持ちだが、できれば「炎上便乗クソウェブ記者」に訂正していただけると幸いである。言い訳くさい話であることは至極もっともだと思う。

最後になったが、今後も堀江氏には独自の見識をどんどん披露していって、世の中の常識に挑戦していってほしい。
(文=odakyou)

原文リンク

本站帖子來源於互聯網,轉載不代表認可其真實性,亦不代表本站觀點!
關於本站| 官方微博| 私たちの関心網| よくある問題| 意見反饋|copyright 私たちの関心網