戻る


コミケや同人誌は無名で価値がない… 民主・福島議員、同人作家の権利を守るための発言で炎上

画像は福島伸享議員のブログ

写真拡大

2月19日の衆議院予算委員会で、民主党の福島伸享議員が、「コミケとか同人誌というのがあります。これは無名の人ですから価値がありません」などと発言した。この発言の一部が取り上げられ、ネットで炎上状態となっているが、これは同人作家の著作権を守るための質疑だった。


福島議員は、将来の著作権侵害の抑止を求めているTPP協定の損害賠償が、国の損害賠償制度と矛盾しているのではないかと質疑した。その一例としてコミケや同人誌を挙げ、現在は無名で価値が低いため、この権利者は権利を侵害されても安い損害賠償しかできないと説明。TPP協定は、懲罰的な損害賠償額を設定できるようにし、著作権侵害を抑止することを求めているが、現在の損害賠償制度では対応できないと岩城法務大臣に問いただした。福島議員の発言は以下のとおり。


「例えばコミケとか同人誌というのがあります。これは無名の人ですから価値がありません。仮にこの著作権が侵害されたとして訴えられたとしても、現時点の価値は低いから安い額の損害賠償しか出ないです。そんな安い損害賠償なら手当たり次第、コミケ同人誌を集めて大もうけをすることが出来てしまう。だからこそ懲罰的なものをやって、今の価値では安いとしても、そうした著作権侵害を起こさないような額をあらかじめ設定しようというのがこの趣旨だと思うんです」


福島議員の発言は、現在の制度では将来に渡って同人作家の著作権を守れないという趣旨だったが、「コミケや同人誌は無名で価値がない」という部分が2ちゃんねる等で取り上げられ、炎上状態となってしまった。
「全同人作家を敵に回した」
「民主党の方が価値無いで」
「十代からの投票が楽しみですねえ」
「コミケがどんだけ経済回してると思ってるんだ」
「1次創作で頑張ってる人たちもいっぱいいてプロになる方もいるというのに無価値ですか」
「そういえば明治の文豪も同人作家でしたね」

原文リンク

本站帖子來源於互聯網,轉載不代表認可其真實性,亦不代表本站觀點!
關於本站| 官方微博| 私たちの関心網| よくある問題| 意見反饋|copyright 私たちの関心網