戻る


シェア拡大!「Windows XP」がいまだ愛されるワケとは?

シェア拡大!「Windows XP」がいまだ愛されるワケとは?
 マイクロソフトによる公式サポートが終了してから間もなく2年が経とうとしている「Windows XP」が、ここに来てシェアを伸ばすという珍事が発生している。後継となるバージョンが次々に登場しているにもかかわらず、何故WindowsXPはシェアが伸びたのか? そして、なぜここまで愛され続けるのかを検証していくことにしよう。

◆ここにきて再びシェア拡大!?

 調査会社「Net Applications」の調査によると2015年の12月現在、全世界で利用されているパソコンのうち約9割のパソコンがWindowsを搭載しているという結果となった。その中でもっともシェアの高いのがWindows7で55.68%、それに続くのがWindows XPで10.93%のシェアを持つ。以下に、Windows8.1とWindows10が10.3%、9.96%という形で追従している。

 Windows10がリリースされた7月以降、着実にシェアを伸ばす一方、Windows7やXP、8などのOSがシェアを落とした結果、Windows7以下のXP、8.1、10が団子状態のシェア争いを演じている形となっている。ここ数カ月のWindows XPシェアだけに注目すれば、2位と3位を繰り返す推移を見せているが、2015年の11月に3位へ転落したものの、翌月には再び2位に返り咲いている。

 Windows XPは、すでにサポートが打ち切られたOSであるため、新規利用者が増えることは無い。シェア拡大の要因は、利用者が増えたのではなく、単純にWindowsを利用しているユーザーが減り、Mac OSをはじめとする他のOSのシェア拡大とWindows10のシェア拡大に伴うWindows7や8/8.1のユーザーが減ったことが要因と考えても良いだろう。

◆サポートが終了したのにまだXPが使われるワケ

 Windows XPは、2014年の4月に公式サポートが打ち切られたため、新たな不具合やセキュリティに対する対策が提供されないほか、新規インストールしても更新プログラムの適用すら行うことは不可能。使い続けるにはリスクがある。しかし、そのような状態なのになぜ発売から15年、サポート終了から2年という年月が経ったOSを利用し続けるユーザーがいるのだろうか?ここでは、その理由を探ってみる。

◆理由その1:単純にXPは使いやすい!

 もともとWindowsは、家庭用向けのWindows95や98系とビジネスユース向けのWindows NTや2000といったふたつの系統が存在していたOS。このふたつを統合した初めてのOSがWindows XPだ。いわば双方の“いいところ取り”を実現し、家庭でもオフィスでも同じ環境で利用できる画期的なOSとして注目を集めた。さらに、どちらのOSから乗り換えても操作方法がほとんど変わらずスムーズに使いこなせるのもXPの特徴だった。

 また現在は、周辺機器をUSBポートに差し込むだけで利用できるケースがほとんど。しかし、当時はドライバを使って周辺機器システムに認識させないと利用できないケースも多く、OSのバージョンによって使える機器が限られることも珍しくなかった。しかしWindows XPは、その爆発的な普及に伴って周辺機器メーカーが即座に対応を見せ、利用できる機器が充実したことで利便性も大幅にアップ。一躍、トップシェアを誇るOSへと登り詰めたのだ。

 後継のOSは、その後リリースされるが、パソコンが急激に普及した時期でありながら後継のVistaが登場するまで5年近くもの年月を要したこと。そして、その間にパソコンを使い始めたユーザーがXPの操作に慣れてしまっていたこと。さらに、操作性を大きく変更したVistaの使い勝手が悪く、乗り換えが思うように進まなかったこと。これらの理由が、今日でもXPを使い続けるユーザーを生んだと言ってもいいだろう。

◆理由その2:利用しているパソコンが古くて後継OSが動かない

 Windows XP標準搭載パソコンが発売されていたのは、マイクロソフトがOEM供給をストップした2008年まで。最後に発売されたモデルですら8年以上の前の製品となるため、現在のパソコンと比較するとスペックは比べ物にならないほど低いケースがほとんど。そのため、Windows7や8といったOSの動作条件を満たさないマシンもある。Webやメール、簡単な文書作成程度の操作ならパソコンを買い替える必要もなく、Windows XP搭載機で十分というユーザーも少なくない。
  • 1
  • 2

原文リンク

本站帖子來源於互聯網,轉載不代表認可其真實性,亦不代表本站觀點!
關於本站| 官方微博| 私たちの関心網| よくある問題| 意見反饋|copyright 私たちの関心網