戻る


見かけは小型のキーボード、中身にはWindows 10 PCを″内蔵″

写真提供:マイナビニュース

写真拡大

テックウインドは15日、Windows 10搭載のPCと小型キーボードを一体化した「キーボードPC(WP004)」を発表した。ブラックとホワイトの2色を用意し、2016年1月中旬から発売する。価格はオープン、店頭予想価格は2万台の見込み。

一見すると小型キーボードだが、れっきとしたWindows 10搭載PCを内蔵している。映像出力はHDMI×1とD-Sub×1で、液晶ディスプレイやテレビに接続すれば、すぐにWindows 10マシンとして使用可能。キーボード面の右下(カーソルキーとスペースキーの間)には、タッチパッドも備える。本体はファンレス仕様だ。家庭やオフィスのほか、デジタルサイネージやPOS端末、教育現場、コールセンター向け端末といった用途も想定している。

主な仕様は、CPUがIntel Atom Z3735F(1.33GHz)、メモリがDDR3L 2GB、ストレージが32GBフラッシュメモリ、グラフィックスがIntel HD Graphics(CPU内蔵)。光学ドライブは搭載しない。OSはWindows 10 Home 32bit版。

インタフェース類は、有線LAN、IEEE802.11b/g/n対応無線LAN、Bluetooth 4.0 LE、USB 2.0×2、マイク/ヘッドホンコンボジャック(3.5mm)、microSD/SDHC/SDXCメモリーカードスロット(最大64GB)など。本体サイズはW287×D125mm×H26.5mm、重量は約288g。電源には付属のACアダプタを用いる。

原文リンク

本站帖子來源於互聯網,轉載不代表認可其真實性,亦不代表本站觀點!
關於本站| 官方微博| 私たちの関心網| よくある問題| 意見反饋|copyright 私たちの関心網