戻る


戦国最大のミステリー「本能寺の変の真相」がついに明かされる!

「戦国最大のミステリー」と言われる本能寺の変。世紀の謀叛劇は、なぜ起きたのか!? 大勢の研究者が様々な説を提唱してきたが、その真相はようとして知れない。そして、また一冊の本により、新説が披露された!

時は天正110年(1582)。旧暦の6月2日、午前5時頃、明智光秀が織田信長の京の宿所・本能寺を襲い、主君の信長を自害に追いやった。

当時、信長は近畿地方を中心に日本の中央部を支配し、「天下布武」の望みは実現しかかっていた。まさにこれから……というとき、信長は家臣によって突然、その志を断たれたのだ。

しかし、戦国最大の謀叛劇であるにもかかわらず、なぜ光秀は信長を討ったのか――その真相は藪の中だ。あれから433年経た今、この日本史上最大の謎とも言える事件の真相に迫った。

まずは「光秀の野望説」。6月1日、信長は備中で毛利輝元の軍勢と対峙中の羽柴秀吉の救援に向かうべく本能寺入りする。

信長の側近とされる太田牛一が書いた『信長公記』によると、信長は「小姓衆二、三十人召し」ただけの小勢で本能寺に逗留。一方の光秀も丹波亀山城で軍備を整え、羽柴勢の加勢に向かう予定だった。

亀山から京の本能寺まではわずかの距離。光秀にとって、信長に代わって天下を取る千載一遇の好機だ。

6月1日の夜、亀山城を発った光秀は老ノ坂峠から一気に京の市中へ駆け下り、明けて2日の早朝、本能寺を襲う。光秀の動機としては単純明快だ。

しかも当時、光秀は67歳の高齢に達していたという。自身は老い先短く、長男の光慶は13歳と年若。専制君主化する信長を恐れ、明智家の将来を憂慮した光秀が、この好機に「一か八か」という賭けに出たという「憂慮説」が、これに加わる。

新たに発見された史料には…

しかし、これらの説には、信長を討ち取ったあとの光秀の動きが、あまりに杜撰という弱点がある。

「光秀はすぐさま、信長の居城・安土城を接収しようとするものの、瀬田城主の山岡景隆兄弟が瀬田大橋を焼き、明智勢は立ち往生。このほか、光秀の娘が嫁いだ細川家も光秀に味方せず、当初は明智方として動いていた大和の筒井順慶も日和見たを決め込みました」(歴史雑誌ライター)

用意周到な性格で知られる光秀としては意外という他なく、結局、軍勢の絶対的な数の差を見せつけられ、備中から大返しで畿内に舞い戻ってきた秀吉に、山崎で討たれるのだ。

そこで一般的に語られるようになるのが「怨恨説」。

本能寺の変の少し前、光秀は安土城で徳川家康主従の接待饗応を信長に命じられるが、その際の不手際を信長に糾弾され、信長が小姓に命じて、光秀の頭を鉄扇で打たせたことに憤ったなどとする説だ。

また、母を人質に出して丹波八上城主兄弟を降伏させたものの、信長は安土でその兄弟を磔にし、光秀の母を見殺しにしたことを恨みに思ったという説。

このほか、公衆の面前で信長が「キンカ頭(ハゲ頭)め!」と光秀を罵倒。あるときには、信長が光秀を足蹴にしたという話まである。

ところが、この説も弱点や矛盾がある。

「そもそも、光秀が信長を恨んでいたとしたら、信長は、自分を恨む光秀が軍備を整える居城(亀山城)から至近距離の本能寺で、わずかなお供しか伴わず、なぜ逗留したのか。これでは、まるで光秀に"わしへの恨みがあるなら、この機会に討て!"と言っているようなものですから」(前同)

しかも、『信長公記』によると、信長は光秀の働きについて「天下の面目ほどこし候」と、家中で最も高く評価しており、謀叛寸前まで、この主従関係は良好だったと言われている。

一方、昨年の6月、岡山県立博物館などが本能寺の変に関する新史料が見つかったと発表した。それが「四国ルート説に」まつわる新史料(手紙)だ。

もともと四国の長宗我部家と織田家は友好関係にあり、光秀は長宗我部家への取次役となっていた。

ところが、両家の関係は急激に悪化。領地を召し上げるという信長に元親は、「四国はそれがしが切り取った領土。信長卿に与えられたものではない」と反発。

一方の信長も黙ってはいない。本能寺の変が起こる当日(6月2日)、大坂から四国の長宗我部家を討つ織田の大軍が渡航することになっていた。

光秀にしたら、この派兵を中止させないと、四国取次役としての面子が潰れ、織田家中での出世争いに大きく響くことになる。

このため光秀は、重臣の斎藤利三を通じて、なんとか元親を宥めようとする。利三と元親とは縁戚関係にあったからだ。

発見されたという手紙の一つが、織田軍が大坂湾を発する直前の5月21日付。元親が利三に宛てた手紙だ。

光秀の説得が功を奏したのか、そこには、元親がこれまでの態度を軟化させる文言が並んでいる。しかし、それでも信長は四国攻めを強行しようとする。

となると、光秀にとって不満の残る結果となる。長宗我部家の当主が織田家に恭順の意を示したにもかかわらず、四国攻めは実行されようとしていたからだ。

光秀は取次役としての面子どころか、元親や家臣(利三)への面子も立たず、苦しい立場に追いやられる。6月2日の四国攻めを止めさせるには、もはや信長を討ち取るしかない……。

確かに動機としては十分だが、それが謀叛という大それた行動に即、結びつくかは疑問だ。

そこで、当時、光秀が高齢であったことを理由に「認知症だった」「自律神経失調症だった」という説まで飛び出してくる。

このほか、光秀が誰かに操られて謀叛を起こした「黒幕説」もある。

黒幕としては、信長に京を追われた将軍・足利義昭と朝廷が代表的だ。

備後に亡命中の義昭には、信長によって京を追われた恨み。朝廷には、信長が自家薬籠中のものとしている誠仁親王を即位させ、朝廷を牛耳ろうとしているなどの懸念があった。

ただし、いずれも黒幕としての動機は十分だが、これまた、彼らが裏で糸を引いていたという物証はない。
これでは謎解きどころか、謎が深まるばかりだ。

武田信玄の上洛がヒントに!?

こうして百花繚乱のごとく、本能寺の変をめぐる説が咲き乱れる中、また一つ、注目すべき新説が登場した。

それが『信長の笑み、光秀の涙』(双葉社)。

小説ながら、ある公卿の家に代々伝わる貴重史料などを基に、真相を探った作品だ。筆者の辻大悟氏がこう語る。

「既存のどの説も魅力的ですが、それぞれに矛盾点や弱点があります。その弱点を、一つずつ潰していくとあるび姿が浮か上がってきます。ジャンルでいうと、謀略説に分類されるストーリーです」

残念ながら、詳細な内容まで聞くことはできなかったが、辻氏によると、真相に至るポイントは二つ。

「光秀の動機もさることながら、本能寺の変の大きな謎は、なぜ信長がわずかな人数で逗留していたのか。そこに謎を解く秘密が隠されています」

ここまでは発表されている説を下敷きにしたものだというが、ここからが辻氏のオリジナルだという。

「本能寺の変の謎を読み解く最大のポイントは、信長の比叡山焼き討ち事件と甲斐の武田信玄の上洛戦。このあたりから、謎を紐解く必要があります」(辻氏)

はてさて、そこには、どのような真相が隠されているのだろうか。

原文リンク

本站帖子來源於互聯網,轉載不代表認可其真實性,亦不代表本站觀點!
關於本站| 官方微博| 私たちの関心網| よくある問題| 意見反饋|copyright 私たちの関心網