戻る


もし日本軍があの時こうすれば…太平洋戦争「勝利の可能性」を探る!

"小国"日本が国策を誤って無謀な戦いを挑んだが定説となっているが、実は勝機は十分にあったのだ!!

「作戦よろしきを得れば、日本は敗北することはなかった――」

わずか1万数千の寡兵(少ない兵力)で22万の大軍を擁する張学良軍を撃破、"天才参謀"と称された石原莞爾陸軍中将は、終戦後の極東国際軍事裁判酒田臨時法廷で、こう咆哮してみせた。石原は"大ボラ吹き"だったのだろうか。答えは「ノー」である。実は日本には十分な"勝機"があったのだ。

「戦後、日本国民は、"軍部の暴走により、勝算のない対英米戦争を挑み敗れた"と教え込まれてきました。ところがこれは、ある種の"洗脳工作"なんです。戦後日本を統治したGHQ(連合国軍最高司令官総司令部)は、日本を"骨抜き"にすることを統治政策の第一に掲げました。そのためには、日本人に贖罪(しょくざい)意識を植え付けるのが最も効果的と考えたんです。結果として、"太平洋戦争は軍部が暴走し日本が大惨敗を喫した戦争"という理解が定着したわけです」(軍事ライターの黒鉦英夫氏)

こうしたGHQの思惑は「ウォー・ギルト・インフォメーション・プログラム」と呼ばれ、公式な文書も発見されている。

「GHQの謀略は見事成功し、日本国民は先の戦争に対し重苦しいイメージを抱くようになりました。そして、戦争の悲惨さのみを"反省"するようになったんです。ところが、肝心の戦略や作戦については、あまり"反省"がなされていません」(黒鉦氏)

そこで今回、本誌が戦略や作戦面の"反省"を試みてみたところ、驚くべき結果が導き出されたのだ。それが"日本は戦争に勝てた!"というものだ。

「にわかには信じられないでしょうが、こうした研究は敵だったアメリカ側で盛んに行われています。私も各種史料を分析した結果、"勝てないまでも負けなかった"と断言できます。ただ、"勝てた"というのは"アメリカ本土を占領できた"ということではありません。あくまで、日本はほどほどの勝利を収めることができた、あるいは、本土を蹂躙(じゅうりん)されるようなことはなかった、ということです」(自衛隊幹部OB)

では、日本はなぜ勝てる戦を逃したのだろうか?

「まず一番大きいのは、ドイツと軍事同盟を結んだことです。当時の日本にドイツと結ぶメリットは皆無、それどころかデメリットばかりがありました。ドイツは欧州で戦争を始めるや連戦連勝。これを目の当たりにした松岡洋右外相や陸軍の親ドイツ派が、盛んに日独同盟論を唱えだします。合言葉は"バスに乗り遅れるな"。ドイツが欧州戦線でフランスやイギリスをこてんぱんにしていたので、これに乗じて南部仏印を占領するフランスをアジアから追い出そうと考えたわけです。さらに、満州国と国境を接し、ノモンハンで手痛い目に遭わされたソ連に対する抑止力にもなると考えたんです」(外務省OB)

ところが……。

「結果はすべて裏目。ドイツと結んだことで、日本が本当は争いたくない英米両国との不仲が加速しました。さらに、対ソ戦略ではドイツに裏切られている。1941年6月、ドイツは独ソ不可侵条約を破棄してソ連に攻め込みましたが、これは同盟国・日本の立場をまったく無視した無茶苦茶な行動ですよ」(同OB)

当時、日本はドイツにならい日ソ中立条約を結んでいたが、当のドイツがソ連と開戦してしまったわけだ。

「今でも"ドイツびいき"の人が多いですが、理解できませんね。伝統的にドイツは、自国の都合以外は考えません。これに日本も翻弄されてしまった。あの国と結んで得をした国は、歴史上ありませんから」(同)

ドイツと同盟を結び英米から敵視されるようになった日本は、その後、日米交渉を重ねるが実り少なく、ハル・ノートを突っぱねて対英米開戦に突き進んだ。

そして迎えた運命の日、1941年12月8日――。

この日、南雲忠一率いる連合艦隊空母機動部隊が、米太平洋艦隊の拠点であるハワイを奇襲した。直前にマレー半島攻略戦が開始され、日本は対米英戦争に踏みきった。開戦後半年はご存じのように連戦連勝。しかし、ここに大きな落とし穴があったという。

「まず、大勝利とされている真珠湾攻撃ですが、これははっきり言って"負けに等しい勝利"でした。その理由は本来の目的であった"敵空母"を討ち漏らしたこと。さらには石油タンクや艦艇の修繕施設を破壊しなかったことです。これらをすべて破壊し尽くしていれば、米太平洋艦隊は文字通り"壊滅"し、米軍の反撃は2年以上遅れたはずです。この間に日本は太平洋西側に強固な軍事拠点を築けたわけです」(海自OB)

楽に勝てたミッドウェー海戦

"対英米開戦やむなし"と判断した山本五十六連合艦隊司令長官は、「開戦直後に真珠湾を奇襲し圧倒的に日本有利な状況を作り、早期講和にこぎつける」構想を練っていたとされる。

「ところが、真珠湾後に陸海軍統帥部が取った戦略は、デタラメの極みでした。緒戦の大勝利で南方資源地帯の確保に成功したのに、さらに戦端を広げ、ニューギニアやソロモン諸島、一時はオーストラリアの攻略まで検討しました」(戦史に詳しいライターの鈴木四朗氏)

戦端を広げすぎると戦力が分散され、補給路の確保が極めて難しくなるのは兵法の常。

「戦争後期は補給路の確保が絶望的となり、前線の兵士に食料や弾薬が届かなくなりました。その象徴が、ガダルカナル島の戦いですよ」(鈴木氏)

ガ島では、米兵との戦闘以上に飢えや風土病で多くの将兵が命を落とした。

「それでも、真珠湾を上回る陣容で挑まれたミッドウェー海戦(42年6月)に惨敗していなければ、まだ勝機は残されていました。博打的要素の強かった真珠湾で攻撃が不十分だったのは、仕方ない部分もある。ただ、圧倒的有利で臨んだミッドウェーでの敗戦は、悔んでも悔みきれません……」(前出の海自OB)

山本長官はミッドウェー海戦を「真珠湾で討ち漏らした米空母の殲滅(せんめつ)」と位置づけていた。しかも戦力は日本側に有利。

「米側は空母3隻、対して日本海軍は空母8隻に戦艦、重巡洋艦、駆逐艦とオールスターキャスト。まともにぶつかれば必ず勝てました。ところが日本は戦力を分散させ、決戦に投入したのは米軍と同等の戦力のみ。これでは数的優位をまったく生かせません。結果、多くは"遊兵(戦闘に参加しない戦力)"となり、主力空母4隻とベテラン搭乗員を100名以上失う大惨敗を招いたんです」(同)

巷間、ミッドウェーの敗戦の原因として、索敵(艦載機を用いた敵艦の捜索)の失敗、暗号が解読されていたこと、攻撃機の換装(敵艦攻撃用か基地攻撃用か)のもたつきが指摘されているが、本当の敗因は戦力を集中投下できなかったことにあったようだ。

ミッドウェーでの敗戦が太平洋戦争の転機となったことは、多くの識者が認めるところ。これ以後、日本は長大に広げた戦線を維持できず、米軍の反攻を受け、ジリ貧に陥っていく。

陸軍の戦闘はどうか。

「太平洋戦争はいわば海軍の戦争。陸軍は海軍に駆り出されて、太平洋中に散らばったわけです。陸軍の戦争は、あくまで中国大陸での戦いでした。そう考えると陸軍は"無敗"に近いんですよ」(前出の黒鉦氏)

開戦直後のマレー攻略戦では世界戦史上類を見ない神速で快進撃を続け、マレー半島を植民地にしていた英軍を駆逐。作戦開始からわずか70日間で難攻不落とされたシンガポールを落としてみせた。

「以後も陸軍は要所で鬼神の如き強さを発揮しましたが、その実、作戦はデタラメなものが多かった。それでも奇跡的な奮闘を見せたのは、前線を指揮する指揮官クラスや兵卒が極めて勇敢だったからです。つまり、上層部が無能揃いのため作戦はデタラメだったけど、現場が優秀だったから無理筋が通ってしまったわけです」(同)

官僚人事と陸海軍の不仲が…

玉砕を遂げたものの、ペリリュー島、硫黄島の戦いは米軍も認める精強ぶり。

「勇猛な日本兵のゲリラ戦闘を恐れて、精神に異常をきたし戦線離脱する米兵が続出したと聞きます。それくらい日本陸軍は強かったわけです。ただ、戦争末期は補給路が途絶え、文字通り刀折れ矢が尽きた状態で戦わざるをえなかった。日本陸軍に十分な食料と米軍と同等、いや半分の装備でもあれば負けなかったでしょうね」(前出の鈴木氏)

もちろん、海軍も雷撃、砲撃の精度では米軍を凌駕していたという。戦闘機や攻撃機の搭乗員の技量も同様だ。現場は陸海空とも優秀――されど米軍に決定的に後れを取っていたのは、軍幹部の人事だった。

「ひと言で言えば、当時の軍の人事は官僚制の典型です。海軍ではハンモックナンバーと呼ばれていましたが、陸大、海大の卒業時の成績で軍内の序列が機械的に決定されていたんです」(同)

官僚制の弊害は、現代を生きる我々も痛感しているはずだ。

「結果、戦闘指揮官としての適性は考慮されず、水雷(魚雷戦闘)畑だった南雲忠一に空母機動部隊を指揮させたり、まっとうな戦略を主張する石原莞爾のような"異才"がパージされたりしたわけです。東條英機と石原の犬猿の仲は有名でしたからね」(同)

対して米軍では、試験の出来不出来にかかわらず才能のある将校を要職につける人事が断行されていた。

「真珠湾攻撃、ミッドウェーで司令官に的確な進言をして散った"猛将"山口多聞、二・二六事件への関与が疑われ出世コースを外れた"マレーの虎"山下奉文。そして、"自分が指揮を執っていれば米軍には負けなかった"と言ってのけた石原莞爾……実は日本軍は人材の宝庫だったのに残念ですね」(黒鉦氏)

加えて陸海軍の不仲も、大きく戦力をそいだ。

「陸海軍が"別々の戦争"を戦っているかの如きでした。これは戦闘機開発ひとつとっても顕著です。海軍は傑作戦闘機『零戦』を開発しました。一方の陸軍の主力は一式戦闘機『隼』。隼は主武装が12.7ミリ機銃と貧弱で、戦争中盤以降、苦戦が目立つようになりました。零戦の武装は20ミリ機関砲と威力絶大でしたから、陸軍が面子を捨てて零戦を採用していれば、練度の高い搭乗員を失わずに済んだはずです。そもそも、戦争のような莫大な予算のかかる国家プロジェクトでは、陸海軍が新装備を共同開発するなどの合理化が図られなくてはいけないはずです」(同)

同じことは海軍にも言えて、本土防空戦で活躍した海軍の局地戦闘機「紫電改」は、陸軍の四式戦闘機「疾風」を採用していたほうが合理的だったという。

「究極的には"決戦兵器"となった原爆です。原爆開発も日本では陸海軍がバラバラで行っていたんです」(鈴木氏)

論議を呼んでいる安保関連法が成立すれば、有事に赴くのは現場自衛隊員だ。

士気も練度も高い彼らを、"犬死に"させることだけは避けなければならない――。

原文リンク

本站帖子來源於互聯網,轉載不代表認可其真實性,亦不代表本站觀點!
關於本站| 官方微博| 私たちの関心網| よくある問題| 意見反饋|copyright 私たちの関心網