戻る


名古屋妊婦切り裂き殺人事件 前編

元刑事・北芝健が読み解く「迷宮入り事件」の真相 あの未解決事件現場を歩く

臨月の美人妻が自宅で絞殺! さらに腹が切開されていた……猟奇殺人の「真の目的」はいったいどこにあったのか――?

名古屋妊婦切り裂き殺人事件

1988年3月18日、名古屋市中川区のアパートで起きた殺人事件。事件の被害者・Mさん(27)は、出産を間近に控えた妊婦だった。Mさんの死因は窒息死。首にはコタツのコードが巻かれていた。遺体は、みぞおちから下腹部にかけて38?も切り裂かれて胎児が取り出されており、プッシュホン電話の受話器とキャラクター人形のキーホルダ
ーが詰められていた。第一発見者は、同日19時頃に帰宅したMさんの夫。犯行時刻は同日15時〜16時頃と見られている。その時間、現場付近では不審人物の目撃情報が複数あったが、現在でも犯人の特定はできず、2003年に公訴時効を迎えた。なお、取り出された赤ん坊は、奇跡的に一命を取り留めている。

腹部を切り裂かれ、受話器と人形が詰められた遺体、そして、その傍らに、子宮から取り出され、泣き叫ぶ胎児……。まさに地獄絵図だ。これほどまでに凄惨な殺人事件現場が、ほかにあるだろうか。

その事件を起こした凶悪犯は、発生から四半世紀を過ぎた現在も捕まっていない。不審人物の目撃情報も複数あったが、その行方もわからず、2003年に時効を迎えた。これだけの事件を起こした犯人が捕まらないのは、なぜか? そもそも、犯人は何がしたかったのか?

なぜ胎児を取り出したのか、お腹に詰められた物は何を意味しているのか、まったく理解ができないまま今日に至っている。

前代未聞の難事件。居直り強盗説、身近な人間による怨恨説、異常な性癖を持つ人物による猟奇殺人説などなど、当時の週刊誌も様々な分析をしたが、元刑事・北芝健は、どうプロファイリングするのか!?

いまからちょうど27年前の1988年3月。昭和という時代が終わる少し前、世間はバブル経済の隆盛を迎えた時期だった。鈴木大地がバサロ泳法で金メダルを獲得し、カナダのB・ジョンソンが禁止薬物服用疑惑で金メダルを剥奪されたソウル五輪の半年前に、事件は起きた。

殺害されたのは名古屋市中川区に住む主婦のMさん(27)。臨月の妊婦だった。彼女の腹部が切り裂かれ、胎児が取り出されていたという猟奇殺人事件だ。

その現場は、近鉄名古屋線の名古屋駅から各駅停車で6つ目、近鉄戸田駅より徒歩10分足らずの場所にあった。名古屋の都心からほど近いベッドタウンだが、駅は郊外の小さな駅といった雰囲気で、その周辺は静かな住宅街だった。

「資料を見ると、当時はもう少し空き地や畑が多かったみたいなんですが、いまは住宅ばかりですね」(担当編集・スガちゃん)

事件当時の新聞に掲載された略地図を頼りに現場を探すが、アパートばかりで、なかなか見つからない。はたして事件が起きたアパートは現存しているのだろうかという思いがよぎる。

通りがかった喫茶店で取材の旨を話すと、店の主が事件を覚えていた。現場はほんの少し先だという。

赤ん坊のいたお腹には電話と人形が

言われたまま、しばらく歩くと、アパートに辿り着いた。現場は当時の写真のままの姿で残っていた。

その建物を見て、北芝氏が言った。

「これは狙いますね、プロの空き巣が……」

アパートは2階建て、各階に2部屋ずつ4部屋しかない小さな建物だ。もちろんオートロックなどではなく、2階へ上がる外階段は通りから奥まった位置にあり、直接、各部屋の玄関に通じている。

反対側はと言うと、ベランダには足をかけられる箇所も多くあり、雨どいを伝って容易に上ることができそうだ。言われてみれば、確かに泥棒が入りやすそうな構造だとも言える。

第一発見者は、Mさんの夫・Sさん。彼が19時40分頃に帰宅したときだった。電気が消え、玄関の鍵が開いていたことを不審に思いながらも、帰宅してすぐに寝室で着替えていると、赤ん坊の泣き声がしたという。

そこで居間に駆けつけ、電気をつけると、変わり果てた妻の姿と生まれたばかりの子供の姿があった。

両手を後ろ手に縛られ、首にはコタツのコードが巻きつけられて息絶えていたMさん。その腹部は、みぞおちから下腹部にかけて、鋭利なカッターナイフのような刃物で38?も縦一直線に切り裂かれていた。赤ん坊が入っていたお腹には、電話の受話器とキーホルダーの人形が詰められていたという。

すぐに119番通報をしようとしたSさんだが、電話がない。彼は急ぎ外階段を降り、階下の住人に電話を借りた。

「Sさんは、後の記者会見で"普通の人には想像できないような恐ろしい状態"だったと語っています」(スガちゃん)

Mさんの行動や、普段の習慣から考えて、犯行時刻は、ごく短い間の時間帯に絞られると推測された。まず13時過ぎに、Sさんは会社から自宅に電話を入れている。

「出産予定日を過ぎてからの5日間、Sさんは妻の体を気遣い、毎日連絡を入れていたそうです」(前同)

そのとき、様子に変わりはなかった。ちなみに、Sさんは退社直前に再度、電話をしているが、そのとき応答はなかった。

その後、13時50分頃から、Mさんは自宅で知人の主婦と会っている。Mさんはサイドビジネスとして外資系の紹介型販売を手掛けており、その知人はMさん宅に生活用品を買いに来ていたのだ。その知人を自宅前の駐車場のところまで見送りに出たのが、15時頃だったという。

また、Mさんは非常に几帳面な性格で、毎日遅くとも16時半には洗濯ものを取り込んでいた。さらに、使い終わった食器はすぐに洗う習慣があった。それらが放置されていた現場の状況から、Mさんが殺害されたのは、知人と別れた直後と考えられている。

実は、この時間帯に、現場周辺では不審者の目撃情報が複数あった。

(1) 14時半頃、エンジンをかけっ放しの不審な車がアパート前に停められていた。

(2) 15時10分頃、アパートの階段付近からコートを着た30歳前後の中肉中背の男が飛び出してきた。男は北へ走り去り、アパートから50m先の交差点を左折。

(3) 15時10〜20分頃、現場の階下の家に30歳くらいの丸顔の男が訪れ、「ナカムラさんという家は知りませんか」と尋ねた。この男は呼び鈴を鳴らす前にドアノブを"ガチャガチャ"と回している。ちなみに、近隣にナカムラという姓の家はなく、住人が"知らない"と答えると、すぐに去った。

(4) 16時半頃、コートの襟で顔を隠したベレー帽の男が現場付近をうろつく。

だが、警察の捜査もむなしく、不審者の行方はいずれも掴めていない。

そして、この事件は物的証拠も極めて少ない。殺害に使ったと見られる電気コードや手を縛ったヒモも部屋にもともとあったものだし、犯行に使われた刃物も残されていなかった。部屋を荒らされた形跡もなく、盗られたのはMさんの財布のみ。指紋もきれいに拭き取られていた。

「残忍さから見ると衝動的な感じもしますが、証拠を一切残さないところから考えると計画的な犯行とも取れる……複雑な事件です」

北芝氏は、こう言って首を傾げた。

警察は当初から、これらの目撃情報を頼りに捜査を進めた。この中に犯人はいたのだろうか。

窃盗犯がよく使うナカムラという姓

「ノビの手口ですね」

北芝氏が言う「ノビ」とは、忍び込みの略。空き巣狙いの窃盗犯を指す警察の隠語だ。

「普通は先にチャイムを鳴らすでしょ? ドアをカチャカチャやってからピンポンは泥棒の手口ですね。鍵が閉まっていたら、そのまま立ち去るんだけど、一応、チャイムを押さないと隣近所に怪しまれますからね。出てきた住人には適当な名前を言って家を探しているというのが常套手段」(北芝氏=以下同)

そういった場合、ノビはナカムラやタカハシといった名字をよく使うのだという。サトウやスズキだとわざとらしいし、変わった名字だと逆に目立ってしまうからだ。

「飛び出して来た男も、その類でしょうね。目撃時刻も同じだから同一人物の可能性もあります。50m先を左に曲ったとありますが、だいたいの窃盗犯はグループですから、近くの大きな交差点で車を停めて待っていることが多いんです」

そうすると、Mさんが見送りに出た隙に忍び込んだ空き巣による"居直り強盗"説が有力と、警察は見たのだろうか。

だが、顔を見られたという理由だけで、腹を切り裂き、胎児を取り出すことまでするものだろうか?

「時間的に無理でしょうね。飛び出して来たのを目撃されたのは15時10分頃でしょ? あれだけの犯行は、わずか数分でできる所業じゃないですよ」

確かに、あとになって、この飛び出してきた男は捜査線上から外れている。

「そもそも、居直り強盗みたいな、衝動的な犯行じゃないと思いますね。明らかに計画的犯行です」

その根拠を、北芝氏は次のように言う。

「人を切ったら、ものすごい勢いで出血します。私は刑事時代に、腹や顔を切られて倒れた人を救護したことがあるんですが、服が血まみれになりましたよ。でも、そんな目撃情報はなかった。だから、犯人はレインコートのようなものか、着替えを用意していた可能性が高い」

窃盗犯がMさんと鉢合わせし、衝動的に殺したのだとしたら、犯人は血だらけのまま逃走したことになる。そんな人物がいて、誰ひとり気づかないなんてことは、あり得ないだろう。

今回の取材の途中でも、駐車場の前を歩いていたら、向かいの家の前にいた男性と目が合った。住宅地である。意外と誰かが見ているものなのだ。

「あのアパートの周辺は家も多いし、偶然、誰にも見つからずに逃走できるような場所ではないですよ。つまり、入念に計画されていたんです」

では、目撃情報の不審人物はなんだったのか。

「先ほども言ったように、このアパートは空き巣に狙われやすい条件が揃っている。事件が起きたのとほぼ同時刻に、偶然、泥棒が物色していたんじゃないか」

監修/北芝健

取材・文/川口友万

原文リンク

本站帖子來源於互聯網,轉載不代表認可其真實性,亦不代表本站觀點!
關於本站| 官方微博| 私たちの関心網| よくある問題| 意見反饋|copyright 私たちの関心網